メインメニューを開く

川岸 令和(かわぎし のりかず、1962年-)は、日本憲法学者早稲田大学政治経済学術院長と政治経済学部長、法務研究科教授を兼任。新司法試験委員。

経歴編集

大阪府出身。大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎卒業。早稲田大学政治経済学部在学中の1986年に司法試験に合格し、1987年に卒業。同大学大学院政治学研究科に進学し、1989年から同大学政治経済学部助手。1992年からフルブライト奨学生としてイェール大学ロースクールに留学し、1993年にLL.M.を取得する。帰国後、1995年に早稲田大学政治経済学部専任講師、1997年に同学部助教授、2002年に同学部教授。2004年イェール・ロースクールでJ.S.D.を取得。同年4月より早稲田大学大学院法務研究科教授を兼任する。2018年早稲田大学政治経済学術院長、政治経済学部長

日本公法学会、日米法学会、比較法学会、宗教法学会、政治思想学会、日本政治学会、アメリカ学会、American Political Science Association の各学会に所属する。

著書編集

共著
  • 『憲法』新版(青林書院、2005年)
  • 飯島昇藏)『憲法と政治思想の対話 - デモクラシーの広がりと深まりのために』(新評論、2002年)
編集
  • 薮下史郎)『立憲主義の政治経済学』(東洋経済新報社、2008年)