川岸 史果(かわぎし ふみか、1994年10月13日 - )は、神奈川県横浜市出身の日本の女子プロゴルファー。所属は加賀電子。父もプロゴルファー・川岸良兼

TransparentPlaceholder.svg 川岸 史果 Golf pictogram.svg
Fumika Kawagishi
基本情報
名前 川岸 史果
生年月日 (1994-10-13) 1994年10月13日(27歳)
身長 166 cm (5 ft 5 in)
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
経歴
プロ転向 2016年=JLPGA88期
優勝数
日本LPGA 1
成績
初優勝 マンシングウェアレディース東海クラシック
ベストスコア 64
賞金ランク最高位 7位 (2017年)
2021年5月3日現在
テンプレートを表示

経歴編集

1994年、川岸良兼の次女として誕生。「姉が始めたから一緒に」10歳でゴルフを始める[1]

アマチュア時代の主な成績として全国中学校選手権夏季大会優勝、全国高校選手権優勝、マスターズGCレディーストーナメント7位タイ等がある[1]日本大学高卒業後はプロテストに3度挑戦するも不合格で、同年代の鈴木愛藤田光里松森彩夏らに後れをとったが、2016年に4度目の受験で合格、JLPGA入会。同年の賞金ランク114位。12月には古傷の右足遊離軟骨を手術[2]

2017年は開幕戦のダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントでいきなり優勝争いを演じたが最終日に崩れ、アン・ソンジュに1打差の2位[3]アクサレディスゴルフトーナメントでも最終日を首位タイで迎えたが、若林舞衣子に逆転で優勝をさらわれ3位タイ。公式戦初出場となったワールドレディスチャンピオンシップでも2日目を終えて単独首位だったが、キム・ハヌルに逆転され4位に終わった。何度も優勝を逃してきたがマンシングウェアレディース東海クラシックでは首位と2打差の7位で最終日をスタートすると6連続バーディーなど自身ベストスコアの64をマークし、通算13アンダーでツアー初優勝。父・良兼はPGAツアーで6勝しており、父・娘優勝は史上初の快挙だった[2]。同年はトップ10入り13回、賞金ランク7位と躍進し、賞金シードも獲得した。年末の日立3ツアーズ選手権にもLPGA代表として出場[4]

2018年ニッポンハムレディスクラシックで2位タイが最高。後半は予選落ちが続き[5]、賞金ランク60位でシードを喪失した。

2019年はJLPGAツアーで賞金獲得なし。ステップアップツアーでは父の出身地である石川県小松市で開催された大会で優勝[6]

人物・逸話編集

  • 身長166㎝、血液型AB型。
  • 父だけでなく、母・喜多麻子もプロゴルファー[5]
  • 得意なクラブはミドルアイアン[1]。2017年のドライビングディスタンス2位という飛距離も特徴。

ツアー優勝編集

JLPGAツアー (1)編集

No. Date Tournament スコア 2位との差 2位(タイ)
1 2017年9月17日 マンシングウェア東海クラシック −13 (67-72-64=203) 2打差   比嘉真美子

ステップアップツアー (1)編集

  • ツインフィールズレディーストーナメント (2019年5月)

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c 選手プロフィール 川岸 史果”. 日本ゴルフ協会. 2021年5月3日閲覧。
  2. ^ a b 川岸良兼の娘史果も怪物だった、逆転で史上初父娘V”. 日刊スポーツ. 2021年5月3日閲覧。
  3. ^ 初優勝がスルリと… 川岸史果、痛恨の2位”. JLPGA. 2021年5月3日閲覧。
  4. ^ 3位で発奮 代表6人、それぞれの人間模様”. JLPGA. 2021年5月3日閲覧。
  5. ^ a b 川岸史果は「81」で予選落ち…昨季ツアー初優勝も1年でシード喪失”. ALBA. 2021年5月3日閲覧。
  6. ^ 川岸史果 大歓声を背に鮮やか逆転V”. JLPGA. 2021年5月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集