メインメニューを開く

川島 千代子 (かわしま ちよこ、1954年6月2日[1] - )は、日本の元女性声優、元ナレーター

かわしま ちよこ
川島 千代子
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 (1954-06-02) 1954年6月2日(64歳)
身長 170cm
職業 声優ナレーター
所属 青二プロダクション(最終所属)
活動
活動期間 1974年 - 2001年
デビュー作グレートマジンガー
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

目次

経歴編集

東京都大田区に生まれ、後に世田谷区へ引っ越して育つ。世田谷区立九品仏小学校、世田谷区立八幡中学校を経て昭和女子大学附属昭和高等学校卒業[2]。高校時代から芝居をやることを希望し、高校卒業後はテレビタレントセンター東京校で学ぶ[1]。テレビタレントセンターの同期生には、井上和彦郷里大輔中谷ゆみ[3]。講師だった声優の永井一郎の誘いで青二プロダクションの準所属となり、1974年から放送の『グレートマジンガー』の端役でデビュー[2]。初レギュラーは1975年に『UFOロボ グレンダイザー』の牧葉ひかる役で、これをデビュー作とする資料もある[4]

以後、青二プロダクションの正所属となり、1970年代後半は前述の『UFOロボ グレンダイザー』に加えて『宇宙海賊キャプテンハーロック』『宇宙空母ブルーノア』『惑星ロボ ダンガードA』などのSFアニメでヒロインを演じたほか[5]、数々のアニメに出演[1][4]。幅の広い声の演技を見せる声優として、少女、少年、母親、ギャグキャラクター、悪役と様々な役の声を担当。1992年に始まる『美少女戦士セーラームーン』シリーズでは、レギュラー・準レギュラーを3役こなした。2001年に引退。

人物像編集

身長は170cm[2]

新人声優へのアドバイスとして、「とにかく周りをよく観察すること」を挙げていたことがある。

趣味は絵を描くこと、読書[4]。ピアノ、イラスト。

後任編集

川島の引退後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。ただし、『スーパーロボット大戦』シリーズにおける『グレンダイザー』の牧葉ひかるの声は、川島が現役時代に収録した音声のみが使用され続けている。

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1994年

1995年

1996年

1999年

劇場アニメ編集

1975年

1976年

1978年

1980年

1981年

1982年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1992年

1993年

1994年

1995年

2001年

OVA編集

1985年

1986年

1988年

1989年

1990年

1991年

1993年

ゲーム編集

1993年

1994年

1995年

1999年

2001年

2004年

2005年

2008年

吹き替え編集

特撮編集

ナレーション編集

出典編集

  1. ^ a b c 「TV RADAR」『マイアニメ』1984年7月号付録、p.5
  2. ^ a b c 勝田久「声優クローズあっぷ 川島千代子」『ジ・アニメ』1982年7月号、p.168
  3. ^ 山寺宏一『山寺宏一のだから声優はやめられない』主婦の友社、2000年、p.165。井上和彦の証言による。
  4. ^ a b c 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、p.48
  5. ^ 小川びい『こだわり声優事典'97』徳間書店、1997年、p.42
  6. ^ 宇宙海賊キャプテンハーロック”. 東映アニメーション. 2016年5月23日閲覧。
  7. ^ 宇宙空母ブルーノア”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  8. ^ トンデモネズミ大活躍”. 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。
  9. ^ 愛してナイト”. メディア芸術データベース. 2016年11月4日閲覧。
  10. ^ 悪魔くん”. 東映アニメーション. 2018年4月25日閲覧。
  11. ^ 魔法使いサリー(第2期)”. 東映アニメーション. 2016年6月15日閲覧。

関連項目編集