メインメニューを開く

川島 正一(かわしま まさかず、1969年3月28日 - )は千葉県調教師会に所属している調教師。父は川島正行元調教師、弟・川島正太郎は騎手、もうひとりの弟・川島光司は厩務員である。厩舎所属騎手に、塚本弘隆がいる。地方競馬情報サイト[1]、競馬新聞などでは川島一と表記されている。

目次

来歴編集

調教師免許取得前は、父の厩舎に厩務員として所属していた。

2007年6月1日付で調教師免許を取得し、10月4日に10馬房で厩舎を開業した。10月22日船橋競馬場で行われた第5競走に、アルボラーダが管理馬として初出走し10着となる。10月26日に船橋競馬場で行われたSPAT4賞をグローリーソングが制し、通算3戦目で管理馬が初勝利を挙げる。2010年東京プリンセス賞トーセンウィッチが優勝し、初めて重賞の勝ち馬が出た。

2014年9月7日に父川島正行調教師が逝去したことに伴い、所属騎手および競走馬が暫定的に川島正一厩舎に所属変更となった[2][3]


主な担当馬編集

主な管理馬編集

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ *3文字略称の付与方法の統一化及び変更について”. 地方競馬情報サイト. 2014年10月4日閲覧。
  2. ^ 川島正行調教師の逝去について(訃報)”. 船橋競馬. 2014年9月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月10日閲覧。
  3. ^ 騎手及び競走馬の所属変更について”. 船橋競馬. 2014年9月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月10日閲覧。