川崎 健(かわさき つよし、1928年1月10日- 2016年9月12日)は、日本水産資源学者東北大学名誉教授。専門は水産海洋学農学博士(東北大学、1961年3月)。(社)東北建設協会漁業調査アドバイザー、気候影響・利用研究会顧問、日本科学者会議代表幹事、那珂川関係漁業協同組合協議会の設置した「那珂川の魚類・生態系影響評価委員会」委員長などを歴任。レジーム・シフト理論を発見、展開したことから「レジーム・シフトの父」と呼ばれる。

略歴編集

著書編集

単著編集

  • 『資源論,漁況論』(日本水産資源保護協会、1965年)
  • 『分類および分布,生態論』(日本水産資源保護協会、1965年)
  • 『魚と環境 : 大漁・不漁の生物学』(海洋出版、1977年)
  • 『浮魚資源』(恒星社厚生閣、1982年)
  • 『魚の資源学』(大月書店、1983年)
  • 『海と魚とわたしたち : これからの日本漁業』(岩波書店、1987年)
  • 『海の環境学』(新日本出版社、1993年)
  • 『漁業資源 : なぜ管理できないのか』(成山堂書店、1999年・改訂増補版2000年・2訂版2005年)
  • Regime shift : fish and climate change, Sendai: Tohoku University Press, 2013
  • 『イワシと気候変動:漁業の未来を考える』(岩波書店、2009年)

編著編集

共編著編集

訳書編集

  • David Henry Cushing著『気候と漁業 : 気候の変化が水産資源におよぼす影響』(恒星社厚生閣、1986年)
  • J.A.ガランド著『水産資源解析入門』(恒星社厚生閣、1990年)

参考文献編集