川崎市とどろきアリーナ

川崎市とどろきアリーナ(かわさきし-)は、神奈川県川崎市中原区等々力緑地内にある体育館。屋内競技の他、イベント等にも使用できる多目的ホールである。施設は川崎市が所有し、川崎市スポーツ協会・三井物産ファシリティーズ共同事業体(公益財団法人川崎市スポーツ協会、三井物産ファシリティーズ株式会社による共同事業体)が指定管理者として運営管理を行っている。

とどろきアリーナ
Todoroki Arena.JPG
施設情報
正式名称 川崎市とどろきアリーナ
収容人数 6,500人
設計者 山下設計
施工 大林組錢高組東急建設・大山組・武井建設
事業主体 川崎市
管理運営 川崎市スポーツ協会・三井物産ファシリティーズ共同事業体[1]
構造形式 鉄筋鉄骨
敷地面積 20,564.51平方メートルm²
延床面積 21,677.60平方メートルm²
竣工 1995年(平成7年)8月
所在地
神奈川県川崎市中原区等々力1-3
位置 北緯35度35分14.23秒 東経139度38分50.48秒 / 北緯35.5872861度 東経139.6473556度 / 35.5872861; 139.6473556座標: 北緯35度35分14.23秒 東経139度38分50.48秒 / 北緯35.5872861度 東経139.6473556度 / 35.5872861; 139.6473556

目次

歴史編集

生涯スポーツの振興と市民文化の向上を推進する目的で1995年にオープンした。施設はメインアリーナとサブアリーナに分かれている。

メインアリーナではスポーツ音楽などあらゆる用途に利用されており、国際大会や展示会、博覧会などの大規模なイベントを行った実績がある。

サブアリーナはメインアリーナの練習会場として使用されることもあるが、中原区のスポーツセンターとしての役割も有するため、スポーツデーやスポーツ教室を実施しており、個人や団体でのスポーツ活動の拠点にもなっている。またトレーニングルームもあり市民の健康増進の一翼を担っている。

2011年の東日本大震災による被災者を川崎市が受け入れることとなったため、同年3月から7月末までの間、一時避難所として最大112人の被災者の受入れを行った。

施設概要編集

メインアリーナ編集

 
2009年2月8日、WJBL富士通アイシンAW
  • 広さ:2,872m2(タテ53.6m×ヨコ53.6m)
  • 競技ごとの目安
  • 天井高さ:20m
  • 観客席:6,500席(最大)
    • 1階:3,500席(移動席)
    • 2階:1,600席(固定席)
    • 3階:1,400席(固定席)
  • 床材質:木質
  • 付帯室等:役員室2、選手控室4、楽屋3、ロッカー・シャワールーム、トイレ
  • 付帯設備:大型映像装置4m×5m(1面)、照明設備、音響設備、移動舞台、吊物機構、エレベーター(11人乗り)、冷暖房設備

サブアリーナ編集

  • 広さ:1,525m2(タテ29m×ヨコ47m)半面の分割利用も可
  • 競技ごとの目安
  • 天井高さ:12m
  • 観客席:340席
  • 床材質:木質(カナディアンメープル)
  • 付帯室等:トレーニングルーム、体育室、研修室、プレイルーム、スポーツサウナ、ギャラリー(4階)、トイレ、冷暖房設備

主な行事編集

交通編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)南武線武蔵中原駅東急東横線東急目黒線新丸子駅からそれぞれ徒歩15分程度。なお、多摩川の対岸にある東急大井町線等々力駅とアリーナを直接連絡する交通機関はない。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集