川崎敬三

かわさき けいぞう
川崎 敬三
本名 陶山 惠司
生年月日 (1933-07-01) 1933年7月1日
没年月日 (2015-07-21) 2015年7月21日(満82歳没)
出生地 日本の旗神奈川県川崎市
死没地 日本の旗神奈川県川崎市
職業 俳優司会者
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1954年 - 1990年代
配偶者 あり
主な作品
映画
夜の河』(1956年 吉村公三郎
『満員電車』(1957年 市川崑
『白鷺』(1958年 衣笠貞之助
『赤い水』(1963年 山本薩夫
傷だらけの山河』(1964年 山本薩夫)
『恐山の女』(1965年 五所平之助
テレビドラマ
中央流沙』(1975年、NHK)
世にも奇妙な物語』(1990年、フジテレビ)

川崎 敬三(かわさき けいぞう、1933年7月1日 - 2015年7月21日)は、神奈川県川崎市出身の俳優司会者タレント。本名:陶山 惠司(すやま やすじ)。

目次

経歴編集

  • 1954年 大映より『こんな奥様見たことない』で映画デビュー。以降、現代劇を中心に二枚目スターとして多くの映画に主演。
  • 1957年 『哀愁列車』で初主演。『花嫁立候補』にも主演。『満員電車』『夜の蝶』に出演。またこの年は川口浩の運転する車に同乗し事故に遭い怪我をした。
  • 1958年 『新婚七つの楽しみ』では若尾文子の相手役となる。『渇き』『都会という港』『白鷺』では山本富士子の相手役となる。『素っ裸の青春』『おーい中村くん』『別れたっていいじゃないか』に主演。
  • 1959年 『細雪』『初夜なき結婚』『氾濫』『電話は夕方に鳴る』に出演。『川向うの白い道』に主演。『旅情』では山本富士子の相手役となる。
  • 1960年 『東京の空の下で』に主演。
  • 1961年 『天下あやつり組』『新夫婦読本 窓から見ないで』に主演。『夜はいじわる』では山本富士子の相手役となる。
  • 1962年 『サラリーマンどんと節 気楽な稼業と来たもんだ』『すてきな16才』『団地夫人』に主演。
  • 1963年 『黒の札束』『囁く死美人』に主演。
  • 1964年 『女の小箱より 夫が見た』では若尾文子の相手役となる。
  • 1965年 『不倫』では若尾文子の相手役となる。
  • 1965年 東京放送(TBS、現・TBSテレビ)『サザエさん』フグ田マスオ役。
  • 1969年 『あなた好みの』に主演。
  • 1970年 『喜劇 おひかえなすって!』に主演。松竹映画『戦いすんで日が暮れて』では岡田茉莉子の相手役となる。
  • 1971年 大映倒産。以降、テレビドラマを中心に活躍。
  • 1974年 俳優活動を縮小し、1985年までNETテレビ→テレビ朝日アフタヌーンショー」の司会を始める。
  • 1980年代初め アフタヌーンショー番組内でレポーターの山本耕一がたびたび発していた「そ〜なんですよ川崎さん」というフレーズが、当時人気の漫才コンビザ・ぼんちのネタとして大流行。
  • 1985年 アフタヌーンショー番組内でやらせリンチ事件が発覚し番組打ち切りとなる。
  • 1987年 「新・アフタヌーンショー」の司会を続ける。
  • 1988年 松竹配給『恋はいつもアマンドピンク』に出演。
  • 1990年 フジテレビ世にも奇妙な物語8月23日放送『屋上風景』に出演。
  • 2001年時点で俳優業は引退し、所有しているマンションの家賃収入で悠々自適に生活していたことが週刊誌で報じられた[1]
  • 2015年7月21日、神奈川県川崎市の病院で死去[2][3]。82歳没。遺志により、その死が公表されなかったが、晩秋に入り親しい関係者宛に、川崎の訃報と喪中報告のハガキが届いたことにより、その死去が明らかとなった[2]

主な出演編集

映画編集

  • こんな奥様見たことない(1954年) - デビュー作
  • 娘の縁談(1955年)
  • 珠はくだけず(1955年) - 初のカラー映画出演
  • 東京暴力団(1955年)
  • 新女性問答(1955年)
  • 恋の野球拳 こういう具合にしやしゃんせ(1955年)
  • スタジオは大騒ぎ(1956年)
  • 愛の海峡(1956年)
  • しゃぼん玉親爺(1956年)
  • あさ潮ゆう潮(1956年)
  • 宇宙人東京に現わる(1956年、※DVD発売)
  • 虹いくたび(1956年)
  • 処刑の部屋(1956年、※DVD発売)
  • 夜の河(1956年、※DVD発売) - キネマ旬報ベストテン第2位
  • 霧の音(1956年)
  • 花嫁立候補(1957年)
  • 哀愁列車(1957年)
  • 満員電車(1957年、※DVD発売)
  • 夜の蝶(1957年、※DVD発売)
  • 地上(1957年、※DVD発売)
  • 青空娘(1957年、※DVD発売)
  • 永すぎた春(1957年、※DVD発売)
  • 真昼の対決(1957年)
  • いとはん物語(1957年)
  • ふるさとの灯台(1957年)
  • スタジオはてんやわんや(1957年)
  • 日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里(1957年、※DVD発売)
  • 新婚七つの楽しみ(1958年)
  • 東京の瞳(1958年)
  • 愛河(1958年)
  • 忠臣蔵(1958年、※DVD発売)
  • 渇き(1958年)
  • 息子の結婚(1958年)
  • 別れたっていいじゃないか(1958年)
  • 都会という港(1958年)
  • 氷壁(1958年)
  • 白鷺[4] Le Héron blanc (1958年)
  • 素っ裸の青春(1958年)
  • おーい中村君(1958年)
  • 細雪(1959年)
  • 旅情(1959年)
  • 氾濫(1959年、※DVD発売)
  • 濡れた瞳(1959年)
  • 美貌に罪あり(1959年)
  • 実は熟したり(1959年)
  • 薔薇の木にバラの花咲く(1959年)
  • 女の教室(1959年)
  • 総会屋錦城 勝負師とその娘(1959年)
  • 初夜なき結婚(1959年)
  • 電話は夕方に鳴る(1959年)
  • 川向うの白い道(1959年)
  • からっ風野郎(1960年、※DVD発売)
  • 濡れ髪喧嘩旅(1960年、※DVD発売)
  • 扉を叩く子(1960年)
  • 女経(1960年、※DVD発売)
  • 痴人の愛(1960年)
  • すれすれ(1960年)
  • 誰よりも君を愛す(1960年、※DVD発売)
  • 元禄女大名(1960年)
  • 夜は嘘つき(1960年)
  • 鎮花祭(1960年)
  • お伝地獄(1960年)
  • 東京の空の下で(1960年)
  • 時の氏神 新夫婦読本(1960年)
  • 天下あやつり組(1961年)
  • 北上夜曲 北上川の初恋(1961年)
  • 銀座っ子物語(1961年)
  • 東京おにぎり娘(1961年)
  • 夜はいじわる(1961年)
  • みだれ髪(1961年)
  • 五人の突撃隊(1961年、※DVD発売)
  • お琴と佐助(1961年)
  • 新源氏物語(1961年、※DVD発売)
  • 釈迦(1961年、※DVD発売)
  • 献身(1961年)
  • 女房学校(1961年)
  • 雑婚時代(1961年)
  • 誰よりも誰よりも君を愛す(1961年)
  • 可愛いめんどりが歌った(1961年)
  • 新夫婦読本 窓から見ないで(1961年)
  • サラリーマンどんと節 気楽な稼業と来たもんだ(1962年、※DVD発売)
  • 家庭の事情(1962年)
  • その夜は忘れない(1962年、※DVD発売)
  • ある大阪の女(1962年)
  • 瘋癲老人日記(1962年、※DVD発売)
  • 閉店時間(1962年)
  • 誘拐(1962年)
  • 秦・始皇帝(1962年、※DVD発売)
  • スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねえ(1962年、※DVD発売)
  • すてきな16才(1962年)
  • 団地夫人(1962年)
  • 黒の札束(1963年)
  • 温泉芸者(1963年)
  • 八月生れの女(1963年)
  • 温泉女中(1963年)
  • 温泉あんま(1963年)
  • 温泉巡査(1963年)
  • 囁く死美人(1963年)
  • わたしを深く埋めて(1963年)
  • 嘘(1963年)
  • 赤い水(1963年、※DVD発売)
  • 傷だらけの山河(1964年、※DVD発売) - キネマ旬報ベストテン第7位
  • 制服の狼(1964年)
  • 検事霧島三郎(1964年)
  • 「女の小箱」より 夫が見た(1964年)
  • 不倫(1965年)
  • 狸穴町0番地(1965年)
  • 恐山の女(1965年) - キネマ旬報ベストテン第7位
  • 暖春(1965年)
  • 五泊六日(1966年)
  • 男なんてなにさ(1966年)
  • ケメ子の唄(1968年)
  • 喜劇 初詣列車(1968年、※DVD発売)
  • 喜劇 “夫”売ります!!(1968年)
  • 女と味噌汁(1968年)
  • あなた好みの(1969年)
  • 喜劇 おひかえなすって!(1970年)
  • 戦いすんで日が暮れて(1970年)
  • 恋はいつもアマンドピンク(1988年、※DVD発売)

テレビ編集

ドラマ
  • 娘の結婚 第12話「可愛い仲人」(1964年、NTV
  • 雌花(1964年、ytv
  • 狼のうた(1964年、TBS
  • 捜査検事(1964年、TBS)
  • 木下恵介劇場「三人の琴」(1964年、TBS)
  • ライオン奥様劇場「眠れる魚」(1965年、フジテレビ
  • 金色夜叉(1965年、NHK尾崎紅葉
  • 土曜グランド劇場「社用二号」(1965年、NTV)
  • 夢二えがく(1965年、NHK)
  • 日産スター劇場(NTV)
    • 夫が妻にテイコウするとき(1965年)
    • ウェディングドレスは待っている(1965年)
    • 花嫁候補がやってきた(1966年)
    • しっかりしてよあなた!(1966年)
    • 珈琲とおめかけさん(1966年)
    • おたまじゃくしは蛙の子(1966年)
    • 歌謡曲だよ人生は!(1966年)
    • 塀(1966年)
    • あいつとこいつ(1967年)
    • ぼく生まれるよパパ(1967年)
    • こんばんわ鬼です(1967年)
  • 東芝日曜劇場(TBS)
    • 続・女と味噌汁(1965年)
    • 背広を買う(1965年)
    • 努力しても出世しないとは…(1966年)
    • わが敵(1967年)
  • てっぺん野郎(1965年 - 1966年、TBS)
  • 高窓のある部屋(1965年、NHK)
  • サザエさん(1965年 - 1967年、TBS)フグ田マスオ
  • 信託水曜劇場「走れ!おふくろ」(1966年、フジテレビ)
  • 危険な斜面(1966年、関西テレビ
  • 母の曲(1966年、NTV)
  • 湯の花の匂い(1966年、NHK)
  • ぼくの母さん(1966年 - 1967年、NTV)
  • おにいさん(1967、フジテレビ)
  • 夕陽沈むとき(1967年、関西テレビ)
  • みんな世のため 第10話「今夜はワタシ明日はボク」(1967年、NET
  • ふぐ大将・危ない橋(1968年、関西テレビ)
  • 新・おんな大学「批判なすべからず」(1968年、NTV)
  • 縁談(1968年、NHK)
  • 土曜劇場「花いちもんめ」(1968年、フジテレビ)
  • 色はにおえど(1968年、TBS)
  • レモンの涙(1968年、NET)
  • もも・くり三年(1968年、NET)
  • 開化探偵帳(1968年 - 1969年、NHK)
  • フルーツポンチ3対3(1968年 - 1969年、NET)
  • ハトポッポ嫁さん(1968年 - 1969年、TBS)
  • 水密桃は青かった(1969年、NET)
  • 結婚戦争 ここ一番!(1969年、TBS)
  • 逃亡者 -この街のどこかで(1970年、NTV)
  • 大岡越前 第1部 第16話「義賊木鼠小僧」(1970年、TBS) 佐七役
  • 徳川おんな絵巻 第3話「いれずみ美女」、第4話「炎の肌」(1970年、関西テレビ) 松平出羽守役
  • 鬼退治(1971年、NET) 小島信久役
  • 青空浪人 (1971年、NTV) 大川忠介役
  • 新・だいこんの花(1972年、NET) 高柳啓一役
  • 雑居時代(1973年 - 1974年、NTV) 稲葉勇作役
  • 松本清張シリーズ・中央流沙(1975年、NHK) 山田事務官役
  • 女たちの課外授業(1983年、ANB
  • 土曜ワイド劇場「円周率πの殺人」(1989年、ANB)
  • 火曜サスペンス劇場山岳ミステリーシリーズ」(1990年 - 1991年、NTV) 旭川中央署刑事課長役
  • 世にも奇妙な物語「屋上風景」(1990年8月23日放送、フジテレビ)
バラエティー、他
CM

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. ママはパパの恋人(1969年4月)
  2. 親馬鹿(1977年)※鶴岡弥生とのデュエット
  3. 菜穂子(1978年11月)

アルバム編集

  • ふれあいの海

著書編集

  • ふれあいの海・愛する者への18の手紙(テレビ朝日刊)

脚注編集

  1. ^ 週刊文春2001年8月
  2. ^ a b “ワイドショー司会で人気 川崎敬三さん死去、82歳”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年11月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1570692.html 2015年11月24日閲覧。 
  3. ^ “川崎敬三さん 7月に亡くなっていた「アフタヌーンショー」司会で人気”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/24/kiji/K20151124011568930.html 2015年11月24日閲覧。 
  4. ^ カンヌ国際映画祭特別表彰

外部リンク編集