メインメニューを開く

川崎 英明(かわさき ひであき、1951年3月16日 - )は、日本の法学者関西学院大学名誉教授。専門は刑事法日本刑法学会理事。元民主主義科学者協会法律部会理事[1]博士(法学)[2]

目次

家族編集

妻は憲法学者で大阪大学法学部の一期後輩である川崎和代大阪夕陽丘学園短期大学教授)[3]

経歴編集

著書編集

単書編集

  • 『現代検察官論』(日本評論社、1997年)
  • 『刑事再審と証拠構造論の展開』(日本評論社、2003年)

編書編集

共書編集

  • 『盗聴立法批判』(村井敏邦、小田中聡樹との共著、日本評論社、1997年)

脚注編集

  1. ^ 民主主義科学者協会法律部会(民科)役員名簿・第24期(2014年11月~2017年10月)
  2. ^ a b NetCommons「現代検察官論」第40号、2007年4月5日。
  3. ^ 川崎和代『小さな窓から見た介護』
  4. ^ 研究者詳細 - 川崎 英明”. researchers.kwansei.ac.jp. 2019年3月16日閲覧。
  5. ^ 川崎 英明 教授 ・ 永田 秀樹 教授 最終講義のご案内 | 2019年のイベント情報 | 関西学院大学 大学院 司法研究科”. www.kwansei.ac.jp. 2019年3月16日閲覧。