メインメニューを開く

川崎 賢子(かわさき けんこ、1956年8月2日[1] - )は、日本の文芸・演劇評論家、日本近代文学研究者、立教大学教授。博士(文学)。本姓・志賀[2]。夫はライター・編集者の志賀隆生

経歴編集

宮城県生まれ。東京女子大学大学院修士課程修了。在学中、第19次『新思潮』に参加し、『早稲田文学』『思想の科学』『ユリイカ』『幻想文学』などに、久生十蘭谷譲次夢野久作尾崎翠吉屋信子など昭和初期モダニズムに関する評論を発表。雑誌『新青年』の共同研究により大衆文学会より受賞した際の「新青年研究会」メンバーの一員である。

1995年、長谷川四郎(四男)の兄弟、長谷川海太郎(=谷譲次・牧逸馬・林不忘)・長谷川りん二郎(画家、小説家)・長谷川濬(ロシア文学、詩人、満洲映画協会社員)を通じ、昭和文学の越境、満洲文学満洲映画協会などについて描いた『彼等の昭和』でサントリー学芸賞受賞。『岡田桑三 映像の世紀 グラフィズム・プロパガンダ・科学映画』以降、戦時下・外地の文学文化研究から写真・映画研究までフィールドを拡大し、プロパガンダ研究、インテリジェンス(情報・諜報)研究に携わる。 早稲田大学20世紀メディア研究所において戦後占領期GHQによるメディア政策を中心に共同研究を行い、機関誌『Intelligence』共同編集に参加する。大学非常勤講師などをへて、2012年日本映画大学教授。2016年「尾崎翠 砂丘の彼方へ」で立教大学文学博士[3]。 2017年立教大学文学部教授。

フェミニズムと昭和文学の関わりを主題とし、ジェンダーの歴史的変容、セクシュアリティ表象分析についての著述も多い。また一貫して宝塚歌劇を論じている。

著書編集

編著編集

  • 吉屋信子『鬼火・底のぬけた柄杓』講談社文芸文庫 2003
  • 『久生十蘭短篇選』岩波文庫 2009
  • 尾崎翠『第七官界彷徨・琉璃玉の耳輪他四編』岩波文庫 2014
  • 久生十蘭『墓地展望亭・ハムレット他六篇』岩波文庫 2016

共編著編集

  • 『宝塚の誘惑 オスカルの赤い口紅』渡辺美和子共編 青弓社 1991
  • 『宝塚アカデミア』1-28号 青弓社 1996−2006
  • 『アンペイド・ワークとは何か』中村陽一共著 藤原書店 2000
  • 岡田桑三映像の世紀 グラフィズム・プロパガンダ・科学映画』原田健一共編 平凡社 2002
  • 『戦後占領期短篇小説コレクション』紅野謙介寺田博共編 藤原書店 2007
  • 『宝塚プラス』1-2号 小学館クリエイティブ 2007
  • 『定本久生十蘭全集』国書刊行会 全11巻別巻1 2013
  • 『占領期雑誌資料大系 文学篇』全5巻 岩波書店 2009−2010
  • 『宝塚百年を越えて 植田紳爾に聞く』国書刊行会 2014
  • 『定本夢野久作全集』国書刊行会 2016〜

脚注編集