川崎鶴見臨港バス浜川崎営業所

産業道路から見た浜川崎営業所。上の高架は首都高横羽線で、奥の線路は東海道貨物線。
浜川崎営業所近景。

川崎鶴見臨港バス浜川崎営業所(かわさきつるみりんこうバスはまかわさきえいぎょうしょ)は、神奈川県川崎市川崎区鋼管通五丁目3-23に所在する川崎鶴見臨港バスの営業所で、主に同区内のうち、概ね新川通り以南の区域、及び横浜市鶴見区東海道本線より東側の区域の路線を担当する。営業所記号はH

目次

沿革編集

浜川崎営業所は川崎鶴見臨港バスの中でも最古の部類に入る営業所である。

前史編集

1924年(大正13年)、大島自動車商会が川崎駅と大島四ツ角の間に川崎区内初のバスを走らせる。路線は後に大師まで延長され、現在の川23系統へとつながっていく。

その後、大島自動車商会は川崎乗合自動車と名前を改めて規模を拡大していくが、この川崎乗合の営業所こそが浜川崎営業所の起源と言える。

1937年昭和12年)12月、鶴見臨港鉄道軌道線が廃止され、バス転換される。鶴見臨港は既に直営バス部門(現・鶴見営業所)を持っていたが、さらに規模が拡大するため新たにバス専業の分離子会社鶴見川崎臨港バスを設立する。

1938年昭和13年)4月、鶴見川崎臨港バスと川崎乗合は合併し、現在まで続く川崎鶴見臨港バスに社名を改める。この頃は、まだ川崎市が公営交通事業に参入しておらず、川崎区内のほとんどのバス路線を運行していた。陸上交通事業調整法による鉄道・バス事業者の強制統合が進む中でも、臨港バスは対象外と位置付けられ、他社と統合することなく終戦を迎えた。

しかし太平洋戦争の戦局悪化で路線は次々と休止に追い込まれており、1944年(昭和19年)、川崎市はバス代替の意味も込めて路面電車事業への参入を決める。

戦後編集

1945年(昭和20年)4月15日の川崎大空襲で川崎区内は壊滅的な被害を受け、川崎市電、臨港バスともに平常運行が不可能になった。市電は東京都箱根登山鉄道から電車をもらい受けて何とか再開したが、臨港バスの運行再開は遅れた。

そんな最中の1948年(昭和23年)12月、東京急行電鉄大東急)が保有していた臨港バス株が独立したばかりの京浜急行電鉄に引き渡される。この時、臨港バスの営業エリアと完全にかぶりながらも開設時の経緯から京浜電気鉄道(現・京浜急行)に属していた「川崎住宅線」の処遇が問題となった。結局、京急側の意向もあって最終的には臨港バスが受け継ぎ、当営業所の「入船橋循環線」へと形を変える(後述)。

1954年(昭和29年)12月、現在の鋼管通に営業所の新設が認可され、川崎鶴見臨港バス浜川崎営業所が正式に誕生した。


現行路線編集

川24系統(鋼管循環線)・川28系統(京町循環線)編集

  • 川24(鋼管循環線):川崎駅前→さつき橋→追分→浜川崎駅前→富士電機前→浅間前→京町→八丁畷→川崎駅前
  • 川28(京町循環線):川崎駅前→八丁畷→京町→浅間前→富士電機前→浜川崎駅前→追分→さつき橋→川崎駅前(川24と逆回り)
  • 川24(追分経由浜川崎営業所):川崎駅前 - さつき橋 - 追分 - 浜川崎営業所
  • 川24(南町経由浜川崎営業所):川崎駅前 - 南町 - 小田栄 - 浜川崎営業所
  • 川24(追分経由ダイエー川崎プロセスセンター行):川崎駅前 - さつき橋 - 追分 - 浜川崎駅前 - ダイエー川崎プロセスセンター(プロセスセンター行は朝のみ、川崎駅前行きは夕方のみ)
  • 川28(京町経由浜川崎営業所):川崎駅前 - 八丁畷 - 京町 - 浅間前 - 浜川崎営業所
  • 川28(ダイエー川崎プロセスセンター):ダイエー川崎プロセスセンター→富士電機前→浅間前→京町→八丁畷→川崎駅前(朝のみ)
  • 急行:川崎駅前→渡田小学校前→浜川崎営業所(平日朝のみ)
  • 急行:浜川崎営業所→鋼管病院前→川崎駅前(平日夕方のみ)
  • 急行:川崎駅前→渡田小学校前→浜川崎駅前→富士電機前(平日朝のみ)

川崎駅東口より新川通り・鋼管通り・産業道路・京町通りを循環する路線である。川崎駅前~京町~富士電機前間が川28系統、川崎駅前~追分~富士電機前間が川24系統となっている。循環便は富士電機前に到着時に、川24鋼管循環線は川28に、川28京町循環線は川24に系統番号が変わる。浜川崎営業所の主力路線で、鋼管循環線と京町循環線は日中でも1時間に7本程度の運行(時間によっては追分経由または京町経由浜川崎営業所止まりが追加される)。

川24系統の南町経由便は第一京浜より東で市バス川40系統と同じく市電通りを経由する。浜川崎営業所担当の川崎駅前発着路線の出入庫便としての運行が多く、運行間隔や本数は不規則的で、60分以上運行間隔が開く時間帯もある(市バス川40系統の方が圧倒的に本数、乗客が多いが、こちらの方が所要時間が短い場合もある)。 ダイエー川崎プロセスセンター発着便も少数設定されている。 平日のラッシュ時は、急行便も運行される。

川25系統(富士電機線)・川26(富士電機循環)・川29系統(入船橋循環線)編集

  • 川25(富士電機前行):川崎駅前→貝塚→渡田中学入口→成就院前→小田小学校前→富士電機前
  • 川25(川崎駅前行):富士電機前→浅田一丁目→小田踏切→成就院前→渡田二丁目→さつき橋→川崎駅前(一部、浅田一丁目始発)
  • 川26(富士電機循環):川崎駅前→貝塚→渡田中学入口→成就院前→小田小学校前→浅間前→入船橋→鶴見総合高校前→新川橋→川崎駅前
  • 川29(入船橋循環線):川崎駅前→新川橋→平安町一丁目→鶴見総合高校前→(日興スクエア)→入船橋→富士電機前→小田五丁目→成就院前→渡田二丁目→さつき橋→川崎駅前
  • 川29(ヨコハマアイランドガーデン)川崎駅前 - 新川橋 - 鶴見総合高校前 - ヨコハマアイランドガーデン(平日朝夕のみ。朝は急行運転)
  • 川29(東芝京浜)川崎駅前 - 新川橋 - 鶴見総合高校前 - 入船橋 - 東芝京浜(平日朝夕のみ)
  • 川29 (富士電機始発)富士電機前→浅間前→入船橋→鶴見総合高校前→新川橋→川崎駅前(毎日朝6時台の1本のみ)
  • 急行:川崎駅前→平安町一丁目→ヨコハマアイランドガーデン(平日朝のみ)
  • 急行:川崎駅前→平安町一丁目→日興スクエア(平日朝のみ)

川26・29は、川崎駅東口より新川通り・産業道路・ゴム通り等を循環する路線である。川29は基本的に川26の逆回りであるが、狭隘路を通る関係上、貝塚 - 浅間前間の経路が異なる。循環便は浅間前に到着時に、川26富士電機循環線は川29に、川29入船橋循環線は川26に系統番号が変わる。川25は、川26・29の運行区間を川崎駅前 - 貝塚 - 富士電機前に短縮した路線である。川崎駅方面に途中にある小田踏切停留所は、JR南武支線川崎新町駅 - 浜川崎駅の間にある踏切で停留所が踏切のすぐ目の前にある。現在はここに新たに小田栄駅が設置され、更に交差点にも面しているが、三角形の安全地帯があり、その中にバス停が立っている。

川29系統は循環路線の他にも様々な支線を持つ。

ワイルドブルーヨコハマ跡地に建設された大規模マンション「ヨコハマアイランドガーデン」を結ぶ路線やJR鶴見線新芝浦駅前に位置する東芝京浜行きがある。 東芝京浜行きは平日のみの運行で東芝京浜発が朝と夕方に1本ずつ、川崎駅発は夕方に1本運行されるのみである。 なお、1日1本のみ富士電機前発の入船橋経由川崎駅前行きが存在する。停留所は、川28系統用の先の歩道橋下のスペースにあるところから発車する。

川27系統(日清製粉線)編集

  • 川27:川崎駅前 - 渡田中学入口 - 京町 - 浅間前 - 白石駅前 - 日清製粉前 - 大川町東 - 日清製粉前 - 川崎駅前(循環)
  • 川27:川崎駅前 - 渡田中学入口 - 京町 - 浅間前 - 白石駅前 - 日清製粉前 - 大川町東 - 日清製粉前(大川町北で打ち切り有)

川27系統は大川町に乗り入れる唯一の路線バス。JR鶴見線大川支線の運行本数が極端に少なく、特に日中時間帯は運行が全く無いため、当路線が大川町エリアへの交通の主力となっている。一部に大川町を経由してから日清製粉止まりとなる便も存在する。基本的に中型ノンステップ及びワンステップバスでの運行。(平日朝ラッシュ時を除く)

川30系統(芦穂橋線)編集

  • 川30:川崎駅前 - 八丁畷 - 京町 - 京町三丁目 - 芦穂橋 - 汐鶴橋 - 鶴見駅東口
  • 川30: 鶴見駅東口→汐鶴橋→芦穂橋→京町三丁目
  • 川30: 京町三丁目→京町→八丁畷→川崎駅前

川崎駅東口から八丁畷、京町、芦穂橋を経て鶴見駅東口を結ぶ路線。 途中、川崎駅前-小田二丁目間は川28系統と・栄町公園-鶴見駅東口間は鶴09系統と同一経路を通る。似たような路線に神明町営業所所管の川50系統<川崎鶴見線>がある(反対に川崎・鶴見両駅の西口を結ぶ路線)。1時間に1 - 2本程度の運行で、本数は川50系統の方が多いものの、所要時間的には、こちらの方が短い。方向幕の色は黄色となっている。

なお、鶴見駅東口からの終バス近くになると、京町三丁目止まり(京町三丁目から入庫回送)が運行される。 朝ラッシュの数本に限り、京町三丁目発川崎駅前行きが運行される(恐らく、営業所から出庫回送で京町三丁目から営業運行)。

鶴08系統(ふれーゆ線)編集

  • 鶴08:鶴見駅東口 - 汐鶴橋 - 汐入二丁目 - ふれーゆ

鶴見駅東口より汐鶴橋通りを経由してふれーゆ(横浜市の高齢者保養研修施設)へ至る路線である。午前には汐入二丁目始発の上り便、午後には汐入二丁目止まりの下り便も設定される。沿線に点在する工場への通勤輸送や、同じく沿線にある横浜市立大学鶴見キャンパスへの通学輸送を担い、東京ガス環境エネルギー館が営業していた時期は、その来館アクセスも担っていた(2013年に閉館)。

ふれーゆが開業するまでは東芝西タービンまでの路線であった。1995年に横浜市環境事業局鶴見工場が完成すると環境センター(現在のふれーゆ停留所)まで延伸され、1996年7月のふれーゆ開業に際して終点の停留所もふれーゆに改称されている。この時点では鶴見営業所が担当していたが、後に当営業所に移管されている。

鶴09系統(ヨコハマアイランドガーデン線)編集

  • 鶴08:鶴見駅東口 - 汐鶴橋 - ヨコハマアイランドガーデン
    • 2004年4月7日:新設

鶴見駅東口より汐鶴橋通り・ゴム通り等を経由してヨコハマアイランドガーデンへ至る路線である。 なお、横浜市営バスも同年4月5日付で行き先が同じ128系統を新設した(こちらは向井町経由)。 現行ダイヤでは終日1時間に2本、30分間隔での運行であるものの、川30の運行本数が1時間に2本(土休日は1本)と少なくなっているため、それを補いつつ汐鶴橋通り沿線の利便性を確保している路線といえる。車両は中型車が使用されることが多くなっている。

川崎競馬場線編集

  • 川崎駅前 - 川崎競馬場

川崎競馬場での競馬開催日のみ運行。臨港バス塩浜営業所、羽田京急バス東京営業所と共同運行する。臨港バスの路線図には当路線の記載が無いが、京浜急行バスの路線図には当路線が記載されているほか、両社とも当路線用の案内表示が用意されている。

川崎競輪場線編集

  • 川崎駅前 - 川崎競輪場

川崎競輪場での競輪開催日のみ運行。臨港バス塩浜営業所、川崎市バス塩浜営業所と共同運行する。臨港バス、川崎市バスともに路線図には当路線の記載が無いが、両社局とも当路線用の案内表示が用意されている。

京浜臨海部産業観光巡回バス編集

 
産業観光巡回バス(2H299)

鶴見区および神奈川区の臨海部に点在する産業観光施設を巡る路線で、特定期間の土曜日に運行される。2007年の夏休みに運行を開始した当時は正逆両方向の運行が行われたが、2008年の秋からは表記の経路のみとなった。運賃は200円、専用の一日乗車券は500円(いずれも小児半額)だが、路線免許による運行ではないためバス共通カードおよびPASMOは使用できない。主に日野・ブルーリボンシティハイブリッドが就役、車内ではボランティアガイドによる沿線の観光案内や地域の紹介が行われる。

2011年は東日本大震災の影響で運休となり、2012年からは東京電力横浜火力発電所非経由(横浜火力発電所に併設されているトウィニー・ヨコハマが営業休止のため)で運行を再開している。

2010年には川崎市エリアでも産業観光巡回バスが春休みに運行され、川崎駅西口北バスターミナルを起点に東芝科学館夢見ヶ崎動物公園電気の史料館を巡った[1]

川崎病院線編集

  • 川崎駅前 - 川崎病院
    • 2001年4月4日:開設

川崎駅前と川崎病院をノンストップで運行する路線である(川崎市バス塩浜営業所との共同運行)。約12分間隔(14 - 15時台は川崎市バスのみ運行のため約24分間隔)で平日のみの運行。川崎病院への通院客や通勤客のほか、近隣住民の利用も見られる。運賃は大人、小児とも100円(ICカードはバス利用特典サービス対象外。川崎市福祉敬老乗車証は利用可能、回数券・定期券は利用不可)。臨港バスはワンコインバスのステッカーが貼られた専用車の1H514号車と1H423号車で運行されるが、検査時などに他の中型車が使用されることがある。 4月に川崎病院線専属のEVバス(東芝製・いすゞ・エルガミオベース[2])が浜川崎に配属された事を受け、塩浜から移管された。

移管路線編集

川21(水江町線)編集

  • 川崎駅 - さつき橋 - 臨港警察署前 - 水江町
  • 川崎駅 - さつき橋 - 臨港警察署前 - 日立造船

以前は一部便を浜川崎が担当していたが、現在は全便塩浜営業所の所管となっている。

川22(三井埠頭線)編集

  • 川崎駅 - さつき橋 - 追分 - 浜町二丁目 - 三井埠頭
  • 川崎駅 - さつき橋 - 追分 - 浜町二丁目
  • 急行:川崎駅 - 〔途中通過〕 - 浜町三丁目 - 三井埠頭(朝のみ)

塩浜営業所との共管路線だったが、2003年11月16日をもってグリーンバス委託に伴い担当から外れ、塩浜の単独所管となった。

川崎木更津線編集

  • 川崎駅前 - 浮島バスターミナル - 海ほたる - 袖ヶ浦バスターミナル - 木更津駅東口
    • 1997年12月の開設当初は神明町営業所の所管であった。
    • 2003年11月16日:グリーンバス委託に伴い浜川崎営業所に移管。
    • 2011年4月1日:再度神明町営業所に移管。

川崎駅東口より東京湾アクアラインを経由して木更津駅東口へ至る高速路線で、京浜急行バス東京ベイサービス小湊鐵道日東交通との共同運行である。以前は川崎市交通局も参画し、川崎 - 袖ヶ浦駅線も運行されていた。

横浜東扇島線編集

 
東扇島火力発電所を出発する横浜駅東口東扇島線(3021号車)
  • 横浜駅東口(YCAT) - 東扇島京浜急行バスと共同運行)(日祭日運休)
    • 2002年10月1日:新設。この時は神明町営業所所管。
    • 2003年11月16日:グリーンバス委託に伴い浜川崎営業所に移管。
    • 2011年4月1日:再度神明町営業所に移管。

横浜駅から東扇島地区への通勤輸送を目的として運行されている路線。首都高速道路を走行するため、全運行が川崎木更津線用の高速用バスで運行、2009年からは増発便扱いで平日にワンロマ車が加わっていたが、ワンロマ車は2014年より通常は運用しなくなった。

廃止路線編集

川29(入船橋循環線)編集

  • 川崎駅 - 八丁畷 - 入船橋 - 富士電機前 - さつき橋 - 川崎駅
  • 川崎駅 - 八丁畷 - 入船橋 - 東芝京浜

1927年(昭和2年)に京浜電気鉄道が初の直営バス路線として開通させた「川崎住宅線」に源流を持つ路線で、1990年代まではこちらのルートがメインであった。

川崎住宅線は京浜電鉄が東京急行電鉄大東急)に合併された後、程なくして太平洋戦争の戦局悪化で休止となる。戦後、東急バス川崎営業所が免許を維持したものの運行を復活させる余力がないまま京浜急行電鉄の分離独立を迎える。このとき、営業所(川崎市小杉御殿町)から遠い国鉄東海道線以南のバスは東急に残さない方針で調整していたため川崎住宅線の免許は京浜急行に引き渡されるが、京急は自社直営での再開を見送った。これは発足直後に浅野財閥から京急グループ入りした臨港バスに川崎市内の運行を任せる方針だったためといわれる。そして川崎住宅線の後身となる当路線を開通させた臨港バスでは、八丁畷駅から川崎駅まで延伸して国鉄乗り換えを可能にした。

八丁畷駅前及び下並木 - 市場町間と京急線の踏切を二度渡っていたのがネックとなりラッシュ時には定時で運転出来ないことが多かった。しかし、第一京浜の拡幅工事が完成するとラッシュ時を中心に続々と第一京浜経由に変更され、最終的には平日のみ運行の東芝京浜発着便のみが八丁畷を経由していた。2004年4月1日をもって八丁畷経由で残っていた東芝京浜発着便も南町(第一京浜)経由となり、「下並木」「市場町」両停留所が廃止された。

急行編集

  • 川崎駅 - 〔直行〕 - ワイルドブルーヨコハマ

2001年8月に同施設の閉鎖と共に廃止された。現在運行している川崎駅 - ヨコハマアイランドガーデンの急行便はこのルートをほぼ踏襲している。

車両編集

一般路線車は2008年までは日野車、2007年からは三菱ふそう車をメインに導入している。1999年までは大型車はブルーリボンを導入していたが、翌年以降は中型長尺車レインボーHR10.5mに切り替わり、大型車の導入はブルーリボンシティハイブリッド数台のみとなった。2007年からは導入メーカーを変更し、従来塩浜営業所に少数しか配置がなかった三菱ふそう車の浜川崎営業所への導入が開始され、日野車の導入は2008年で打ち切り、以降は毎年三菱ふそう・エアロスター(PKG-代以降)が増備されている(塩浜営業所の三菱ふそう車が2010年に全廃後は、三菱ふそう製一般路線車は浜川崎営業所のみの配置)。当初はワンステップ車のみで、エンジンは臨港バスには在籍車がない日産ディーゼル(現:UDトラックス)からのOEM供給となっていたが、2009年からはエアロスターノンステップ車が臨港バスに初めて登場し、現在では原則としてAT車が選択されている。他に、日野自動車製中型車レインボーRJが在籍する(レインボーHRはノンステップ化の推進もあって2013年までに全車廃車)。以前は高速路線車・貸切車として三菱ふそう・エアロバスいすゞ・ガーラ(初代)が在籍し、また、横浜東扇島線用にいすゞ・エルガの長尺ワンステップ車が高出力バージョンで導入されていたが、2011年4月神明町営業所移管と同時に高速路線車、貸切車は神明町営業所に転籍している。 2015年には、川崎病院線用としていすゞエルガミオのEVバスが導入された。 2017年に、川崎病院用で使用されていた2H177号車が経年の為除籍され、神明町営業所より1H423号車のいすゞエルガミオが移籍した。

脚注編集

  1. ^ 産業情報かわさき 2010年3月1日号”. 公益財団法人川崎市産業振興財団 (2010年3月1日). 2015年10月22日閲覧。
  2. ^ 当社初の商用EVバスが川崎鶴見臨港バス株式会社川崎病院線で運転を開始 - 東芝プレスリリース 2015年3月30日

関連項目編集

参考文献編集