飯田市川本喜八郎人形美術館

川本喜八郎人形美術館から転送)

飯田市川本喜八郎人形美術館(いいだしかわもときはちろうにんぎょうびじゅつかん)は、長野県飯田市にある川本喜八郎に関する美術館[1]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 飯田市川本喜八郎人形美術館
Iida City Kawamoto Kihachiro Puppet Museum
Iida City Kawamoto Kihachiro Puppet Museum.jpg
美術館外観(2012年6月撮影)
飯田市川本喜八郎人形美術館の位置(長野県内)
飯田市川本喜八郎人形美術館
長野県内の位置
施設情報
正式名称 飯田市川本喜八郎人形美術館
専門分野 人形美術
収蔵作品数 約200点[1]
来館者数 28,995人(2009年度)[1]
事業主体 飯田市
管理運営 飯田市教育委員会
建物設計 山田富章都市建築設計事務所
延床面積 2,200m2
開館 2007年3月25日
所在地 395-0044
長野県飯田市本町1丁目2番地
位置 北緯35度30分53.79秒 東経137度49分32.5秒 / 北緯35.5149417度 東経137.825694度 / 35.5149417; 137.825694座標: 北緯35度30分53.79秒 東経137度49分32.5秒 / 北緯35.5149417度 東経137.825694度 / 35.5149417; 137.825694
アクセス 高速バス飯田商工会館」より徒歩3分
飯田線飯田駅より徒歩12分
公式サイト http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

人形アニメーション監督であった川本喜八郎がNHK人形劇 三国志』(1982年10月2日-1984年3月24日に放映)の人形美術を担当した際に製作された人形を主に、川本に関する多くの貴重な作品を展示している[1]

川本は1990年に、飯田市で毎年開催される人形劇カーニバル飯田(現在のいいだ人形劇フェスタ)での『人形劇 三国志』公演のために、初めて飯田市を訪れた。その後も度々飯田を訪れ、古くから人形芝居を継承する人形劇のまちである飯田、また人々の人形に対する情熱に感銘を深く受けた。そして「人形たちに一番ふさわしい場所」として、『人形劇 三国志』『人形歴史スペクタクル 平家物語』などに使われた人形を飯田市へと寄贈するに至った。飯田市は「人形劇のまち」として人形劇文化のさらなる振興、交流のための新たな拠点として当美術館を建設[1]。川本が館長に就任し、2007年3月25日にオープンした。

展示編集

  • 人形劇 三国志
  • 人形歴史スペクタクル 平家物語
  • 人形アニメーション
  • 川本喜八郎追悼展
    • 「川本喜八郎と飯田〜20年の軌跡」
    • 「田村 実写真展」

約200体を展示[1]。うち60-80が「三国志」のもの。それぞれ一定期間で展示替えを行っている。

館内編集

鉄筋コンクリート構造3階建て[1]飯田信用金庫本店と繋がった構造になっている。

  • 1階…美術館収蔵庫(一般立入禁止)。
    • 美術館裏口(北側)に収蔵庫への搬入口がある。2階の美術館入口への階段の手前には飯田市観光課『まちなかインフォメーションセンター』と飲食店がある。
  • 2階…美術館入口・映像ホール・サロン。
    • 美術館入口は階段を上った2階にある(エレベーター有)。美術館入口横には飯田信用金庫本店大会議室への入口もある。エントランスゾーンには110cm諸葛孔明像を展示(オープン時は関羽)。館内の人形では唯一写真撮影が許可されている。
  • 3階…展示室・スタジオ。
    • 3階が有料ゾーンとなり、入場券が必要。2階のみを利用する場合は入場券を購入する必要はない。

利用情報編集

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 竹田扇之助記念国際糸操り人形館/飯田市川本喜八郎人形美術館”. 飯田市教育委員会. 2014年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集