メインメニューを開く

川本 隆史(かわもと たかし、1951年12月8日[1]- )は、日本倫理学者東京大学名誉教授、国際基督教大学教授。専門は倫理学社会哲学

広島市生まれ。広島学院中学校・高等学校を卒業後、1970年東京大学教養学部文科一類に入学。法学部から文学部に転部し、1975年東京大学文学部倫理学科卒業。学位論文はカント歴史哲学1980年東京大学大学院人文科学研究科博士課程を単位取得退学。1997年、東京大学より博士(文学)の学位取得。跡見学園女子大学文学部教授、東北大学文学部教授を経て、2004年度より、東京大学大学院教育学研究科教授。2015年退任、名誉教授、国際基督教大学教授。

日本におけるロールズ正義論研究の第一人者であり、ノーベル経済学賞を受賞したインドアマルティア・センを、大庭健と共に日本に紹介した。近年は、「ケア」概念の再検討を行い、医療・看護・教育など諸領域を横断する倫理を探求している。

著書編集

単著編集

  • 『現代倫理学の冒険――社会理論のネットワーキングへ』(創文社, 1995年)
  • 『ロールズ――正義の原理』(講談社, 1997年)
  • 『共生から』(岩波書店、2008年)

編著編集

  • 『ケアの社会倫理学――医療・看護・介護・教育をつなぐ』(有斐閣選書 2005年)

共編著編集

共訳書編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』