メインメニューを開く

川畑 真人(かわばた まさと、1977年10月15日 - )は、大阪府出身の全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)に参戦するレーサー。既婚。愛称は「川ちゃん」「マサト」など。

来歴編集

D1初参戦は2002年第4戦。当初は勤め先であるGPスポーツ製作の180SXで参戦していた。2004年平岡英郎が離脱したワークスチームのトラストに抜擢され、シルビア(S15)に乗りシーズン後半になって追走に進出するようになる。2005年は上位入賞を重ね、ランキング5位と飛躍した。2006年は、第7戦富士で初優勝。チャンピオンを争った熊久保信重野村謙風間靖幸に続くランキング4位となる。2007年はチームTOYOに移籍。開幕戦エビスで2位と好スタートを切ったが、第2戦富士の追走で斎藤太吾と接触し、そのままタイヤバリアに激突。川畑本人は軽い打撲で済んだが、マシンは全損。このクラッシュがD1最大の事故となってしまった。第3戦鈴鹿には、製作が間に合ったニューマシンのシルビアを投入。鈴鹿の単走では、D1初となる、3本全てで100点を獲得し、前戦のクラッシュの影響を感じさせない走りを見せた。第4戦SUGOではシーズン初優勝、第6戦オートポリスで2勝目、最終戦ではシーズン初の追走1回戦敗退を喫するも、ライバルの熊久保が準決勝で敗れたため、わずか1ポイント差ながら、初のD1シリーズチャンピオンを獲得した。2008年もTOYOからシルビアで参戦。開幕戦で優勝を飾るものの、最終的なランキングは6位で終えた。2008年第2戦富士からは新規に制作した180SXで参戦しており、毎年のようにチャンピオン争いに加わるものの、なかなかチャンピオンに届かないという展開だったものの、2013年に第3戦で単走追走共に優勝してランキングトップに立った後、そのまま逃げ切り2度目のチャンピオンを獲得した(単走ランキングでもチャンピオンを獲得しており、単走ランキングが設定されて以降初の総合及び単走の両チャンピオン獲得となった)。

2014年にトラストに復帰し、D1初となる日産・GT-Rで参戦。この年にはD1GPの特別戦である『D1 ワールドチャンピオンズ』で優勝を飾り、2015年にはD1で再びシリーズ総合チャンピオンとなった。

2016年には1380馬力の日産・GT-Rをドライブし、ドリフト最高速の304.96km/hを記録してギネスブックに登録された[1]

2017年にはドリフト初のFIA格式イベントとなったFIA インターコンチネンタル・ドリフティング・カップに参戦、総合優勝を飾り記念すべき初代チャンピオンとなった[2]

2019年からは再びチームTOYOからトヨタ・GRスープラで参戦する。

エピソード編集

  • 同じチームメイトの黒井敦史とは師弟関係。高校生の時、走り屋が集まるガソリンスタンドでアルバイトをしていて、その時の走り屋常連客が黒井だった。
  • 高校三年生の時に買った日産・180SXが最初のドリ車[3]
  • かもめでは、5速180キロ以上からの慣性ドリフトを披露する。
  • 激しい走りから当初はクラッシュが多く、審査委員長の土屋圭市から「川畑、そこはコースじゃない」と言われたことがある。
  • 第2回D1団体戦で優勝し2004年D1開幕戦アメリカ・アーウィンデールに招待された。
  • 酒乱でイギリスで行なわれたD1エキシビジョン参戦時、酔って市内でパスポートを落としたことがある(後にチームTOYOのスタッフが拾って事なきを得た)。
  • 同じくイギリスで酔って野村謙に「ちょっとは人気あるからって調子乗るな。」と言ったことがあるらしい。
  • 2007年鈴鹿で、この年から施行された単走で3本連続100点を獲得した者に贈られる『土屋圭市賞』を初受賞し、賞金10万円を獲得した。
  • 2007年の途中まで白ヘルメットを使用していたが、SUGOでの優勝を機にデザインヘルメットに変えた(水色とオレンジを入れ、翼のような白のペイントを施している)。
  • PUMAシューズにこだわりを持つ。仕事用、レーシング用もPUMA製。「PUMA以外の靴は絶対に履きません」とのこと。
  • 「角度」と「スピード」を融合させた走りが単走での強みになっている。
  • GPスポーツに就職するきっかけは、20代前半に出場したエビスサーキットの走行会で、駒形社長から自社製エアロ装着を提案されたことから。D1参戦後もサポートは受けていたが、後に大阪から新潟に引っ越して社員になった。(2014年8月末で退社)[4]
  • 2007年第2戦富士でのクラッシュで運ばれたメディカルセンターでレントゲンを撮ったところ首の骨が1個多いことが判明した。当時、ぶつかったショックよりも首の骨が多いことの方がショックが大きかった。

脚注編集