メインメニューを開く

川端 家長 (かわばた いえなが)は、安土桃山時代武将浦上氏宇喜多氏の家臣。

 
川端家長
時代 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
官位 丹後守
主君 浦上宗景宇喜多直家
氏族 川端氏
テンプレートを表示

当初は備前国浦上宗景に仕えていたが、浦上氏滅亡後は宇喜多直家に従属した。佐良山城室尾城の守備を担う。

天正11年(1583年)、毛利氏草刈重継に敗れ城から撤退した。その後、知行1,600石・本丸御番衆並びに鉄砲頭を務めたという。