川端 幹人(かわばた みきと、1959年 - )は、日本編集者ジャーナリスト

来歴・人物編集

和歌山県生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。自販機本の編集者、映画の脚本家などをへて、噂の眞相に入社し岡留安則編集長のもとで副編集長に就任する。

同誌では、皇室検察スキャンダル・扇動記事などを執筆。2000年6月号に雅子妃を「雅子」と呼び捨てにする記述があったため、2000年6月7日には岡留とともに日本青年社三多摩本部の襲撃をうけ、肋骨骨折で全治3週間の傷を負った[1]

同誌の休刊後は、フリーのライター・編集者として活動。マガジンハウスダカーポ」等の編集に携わった。その後、元噂の真相のデスクであった神林広恵と共に、株式会社ロストニュースを立ち上げる。株式会社サイゾーと共同で2014年7月からニュースWebサイト「LITERA」を立ち上げた[2]

著書編集

共著編集

編著編集

映画脚本編集

  • 『ザ・拷問 令嬢篇』 1986年。
  • 『ザ・本番 湘南のお嬢さま』 1986年。
  • 『ザ・本番 女体フルコース』 1986年。
  • 『ザ・本番 女子大生振袖パーティ』 1987年。
  • 『ザ・本番 アイドル歌手篇』 1987年。
  • 『裏・本番 陶酔ビデオクィーン』 1987年。
  • 『ナマ本番 同棲』 1987年。

脚注編集

  1. ^ 『タブーの正体!』p.35-39
  2. ^ LITERA 運営者情報