メインメニューを開く

川端町 (台北市)

台湾の台北市の行政区画

川端町(かわばたちょう)は、日本統治時代の台湾における台北市行政区画。台北市の南端に位置し、新店渓に隣接した地名である。当時の台北近郊のレジャー地域であった。川の端辺にあったことからこの名が付けられた。現在の中正区汀州路二段、廈門街同安街金門街等が川端町に含まれる。川端町は日本統治時代、台湾近郊の納涼地であり、月の観賞に適した名勝地であった。川辺の一帯には料亭が建ち、夏季には遊覧船による避暑が楽しまれた。料亭ではアユ料理が嗜まれ、これが川端町の特色となっていた。

川端町
大日本帝国の旗 大日本帝国
都道府県 台北州
台北市
等時帯 UTC+8 (西部標準時)

町内の施設編集