メインメニューを開く

川西機械製作所(かわにしきかいせいさくしょ)は第二次世界大戦まであった日本の機械製造メーカー。飛行機繊維機械、衡器、真空管の製造を行った。 真空管の技術は、当時日本では最高水準のものと高い評価を得ていた。

戦後の戦時補償打ち切りよる債務の整理を行うため、企業再建整備計画により第二会社を設立し解散。 第二会社の神戸工業は1968年富士通と合併。その後、ラジオ部門が富士通テン(現・デンソーテン)として分離し創業地にて業務を行っている。

沿革編集

川西財閥を率いる川西清兵衛は1918年中島知久平の設立した飛行機研究所に出資し、日本飛行機製作所(後の中島飛行機)を設立したが、操業後1年余にして両者の間に意見の相違を来たし、川西家は中島氏と決別し神戸へ引き揚げた。

外部リンク編集