メインメニューを開く

川路 夏子(かわじ なつこ、1919年1月2日 - 2011年6月5日[1][2])は日本の元女優声優テアトル・エコー前進座に所属していた。

かわじ なつこ
川路 夏子
生年月日 (1919-01-02) 1919年1月2日
没年月日 (2011-06-05) 2011年6月5日(92歳没)
出生地 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優声優
活動期間 1950年代 - 2002年
活動内容 テレビドラマテレビアニメ吹き替え映画舞台
配偶者 なし
主な作品
映画
どっこい生きてる
テレビアニメ
アルプスの少女ハイジ
吹き替え
奥さまは魔女

目次

人物編集

本業は女優[1]。結婚はしておらず、生涯独身であった[3]

川路に師事したことのある有名な声優に関俊彦亀山助清、元声優の間嶋里美がいる。関にとって川路は、最初の師匠であった。また、自身が主宰していた劇団「グループカオス」[4]には野沢那智主宰の劇団薔薇座出身者でもある津久井教生が参加していた。劇団のメンバーをとても大事にしており、演出の際は必ずメンバー全員を出演させていた。川路は「自分の劇団は誰もが舞台に立てる場所である」と語っている。

芝居一筋で83歳になるまで劇団の公演をこなし続けた[2]。亡くなる3年前も周囲から若く見られるなど、元気な姿を見せていた。

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

テレビアニメ編集

1970年

1971年

1974年

1975年

1976年

1979年

1980年

1983年

特撮編集

吹き替え編集

脚注編集