メインメニューを開く

川辺信雄(川邉信雄、かわべ のぶお、1945年7月24日[1]- )は、日本経営学者早稲田大学名誉教授。

広島県生まれ。1969年早稲田大学第一商学部卒業、1976年同大学院商学研究科単位取得満期退学。フルブライト奨学生としてオハイオ州立大学大学院に学び、1980年Ph.D.。1994年「セブン-イレブンの経営史 組織能力の逆転に関する事例研究」で早大商学博士。1982年広島大学総合科学部専任講師、84年助教授、1990年早稲田大学商学部助教授、1992年教授[2]、2011年名誉教授、文京学院大学・文京学院短期大学学長[3]

目次

著書編集

  • 『総合商社の研究 戦前三菱商事の在米活動』実教出版 1982
  • 『セブンーイレブンの経営史 日米企業・経営力の逆転』有斐閣 1994
    • 『セブン-イレブンの経営史 日本型情報企業への挑戦 新版』有斐閣 2003
  • 『タイトヨタの経営史 海外子会社の自立と途上国産業の自立』有斐閣 2011
  • 『東日本大震災とコンビニ 便利さ(コンビニエンス)を問い直す』早稲田大学出版部〈早稲田大学ブックレット「震災後」に考える〉シリーズ 2011
  • 『戦前三菱商事の在米活動 総合商社の研究』文生書院 2012

共編著編集

翻訳編集

  • ブラックフォード, カー『アメリカ経営史』監訳 ミネルヴァ書房 1988
  • M.G.ブラックフォード『アメリカ中小企業経営史』文真堂 1996
  • スーザン・ストラッサー『欲望を生み出す社会 アメリカ大量消費社会の成立史』東洋経済新報社 2011

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ researchmap
  3. ^ 『戦前三菱商事の在米活動』著者紹介