川連漆器(かわつらしっき)は、秋田県湯沢市に伝わる伝統工芸品である。

歴史編集

鎌倉時代1193年)、源頼朝の家人で稲庭城主の小野寺重道の弟、道矩公が、家臣に鞘、弓、鎧などの武具に漆を塗らせたのが始まりとされている。本格的に漆器産業が始まったのは17世紀中頃、元和1615年)から元禄にかけてであり、川連村を中心におよそ26戸が椀師業を営んだという。 文化12年(1815年)、藩の許可を得て朱塗りの漆器をつくり販路を他国にひらき、江戸時代後期には藩の保護政策のもとに、椀、膳、重箱など幅広い漆器がつくられるようになり、沈金蒔絵などの飾りが加わって、産業基盤をさらに大きく築いた。近年は新製品開発など、販路の拡大によって多種企業との連携で全国展開が見られる。[1]

平成8年(1996年)県の伝統工芸品に選ばれた。

特徴編集

柿渋と生漆による渋下地をし、中塗りを5、6回繰り返す事でより丈夫にし、仕上げは花塗りの技法で上塗りする。

堅牢で実用性に優れるといわれる。

加飾は川連の特有の沈金、蒔絵を施す。

脚注編集

  1. ^ 酒井宣昭著、『川連漆器産地と遠刈田系こけし産地の流通構造の比較-アンケート調査・聞き取り調査の結果を中心として』、1992年、東北地理学会, 2001年秋季大会記事、参照

参考文献編集

酒井宣昭著、『川連漆器産地と遠刈田系こけし産地の流通構造の比較-アンケート調査・聞き取り調査の結果を中心として』、1992年、東北地理学会、2001年秋季大会記事、p7

関連項目編集

外部リンク編集