川邉 忠義(かわべ ただよし、1968年4月30日 - )は、秋田県秋田市[1]出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

川邉 忠義(川辺 忠義)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県秋田市
生年月日 (1968-04-30) 1968年4月30日(54歳)
身長
体重
193 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 ドラフト2位
初出場 1996年5月12日
最終出場 1996年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

1994年までの登録名及び本名は川辺 忠義(読み同じ)。

NPBにおける、史上初の人的補償選手

来歴・人物編集

小学4年の時に野球を始める[1]

秋田工業高時代は、3年次の1986年夏の選手権に出場[1]。3回戦の佐伯鶴城高戦で完投したが0-2で敗れた。高校の同級生に元ラグビー日本代表の吉田義人がいる。

高校卒業後、1987年社会人野球川崎製鉄千葉へ入団[1]1989年に全日本メンバーに選出[1]、日本対キューバ野球選手権、IBAFインターコンチネンタルカップアジア野球選手権大会に出場した。また、同年は都市対抗野球でも登板した。

1989年のプロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツから2位指名を受けて入団[1]。人の名前を覚える気がない長嶋茂雄監督から「ワタナベくん」「ワタベくん」「オカベくん」とブルペンで呼ばれ続けた。

1995年オフ、日本ハムファイターズ河野博文FA権を行使して巨人と契約。その人的補償として川邉が選ばれ、巨人では一軍出場が果たせないまま日本ハムへ移籍することになった[1]1993年に導入されたFA制度で、人的補償による移籍第1号である[2]

移籍1年目の1996年に日本ハムで一軍初登板を果たすと、5月19日のロッテ戦で初勝利。先発や中継ぎとして活躍した。しかし、翌1997年は再び一軍登板無しに終わり、同年オフに自由契約となったため現役を引退[1]

1989年のドラフト会議で巨人が指名した6選手は、全て後に日本ハムか近鉄へ移籍している。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1996 日本ハム 17 2 0 0 0 1 3 0 -- .250 190 42.1 52 5 14 0 2 29 1 0 23 23 4.89 1.56
通算:1年 17 2 0 0 0 1 3 0 -- .250 190 42.1 52 5 14 0 2 29 1 0 23 23 4.89 1.56

記録編集

背番号編集

  • 20 (1990年 - 1994年)
  • 59 (1995年)
  • 46 (1996年 - 1997年)

登録名編集

  • 川辺 忠義 (かわべ ただよし、1990年 - 1994年)
  • 川邉 忠義 (かわべ ただよし、1995年 - 1997年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、175ページ
  2. ^ FAの歴史を振り返る。最初にFA権を行使したのは誰?”. Sportiva (2013年12月20日). 2013年12月31日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集