メインメニューを開く

川重冷熱工業株式会社(かわじゅうれいねつこうぎょう、KTE)は、滋賀県草津市に本店を置く汎用ボイラ・吸収冷温水機メーカー。川崎重工グループ。

川重冷熱工業株式会社
Kawasaki Thermal Engineering Co., Ltd.
Kawasaki Heavy Industries logo.png
種類 株式会社
市場情報
略称 川重冷熱、KTE
本社所在地 日本の旗 日本
525-8558
滋賀県草津市青地町1000番地
設立 1972年3月10日
業種 機械
法人番号 3160001012736 ウィキデータを編集
事業内容 吸収冷温水機(大型空調機)及び汎用ボイラの企画・開発・設計・製造・販売・アフターサービス
代表者 代表取締役社長 篠原 進
資本金 14億6050万円
売上高 178億円(2019年3月期)
純資産 57億円(2019年3月)
総資産 157億円(2019年3月)
従業員数 508名
決算期 3月31日
主要株主 川崎重工業 83.28%
外部リンク https://www.khi.co.jp/corp/kte/
テンプレートを表示

所在地編集

沿革編集

  • 1899年(明治32年) コルニシュボイラ(炉筒ボイラ)を製造。(汽車製造大阪工場)
  • 1968年(昭和43年) 世界初の二重効用吸収冷温水機を製造開始。(汽車製造大阪工場)
  • 1972年(昭和47年) 当社創立  商号 川重冷熱サービス(株)
  • 1977年(昭和52年) 世界初の大型舶用吸収冷凍機の製造開始。
  • 1978年(昭和53年) 商号を現社名の川重冷熱工業(株)に変更
  • 1984年(昭和59年) 川崎重工業から吸収式冷凍機ボイラー製造部門の移管を受ける。
  • 1990年(平成2年) 店頭市場(現JASDAQ)に株式公開。
  • 1997年(平成9年) ISO9001認証取得。
  • 2000年(平成12年) 大型貫流ボイラ「イフリート」・吸収冷温水機「シグマエース」販売開始
  • 2001年(平成13年) 大手ガス3社(東京ガス大阪ガス東邦ガス)による吸収冷温水機の推奨制度「吸収式グリーン制度」の第1号機にシグマエース1.4シリーズが選定される。
  • 2002年(平成14年) 石川島汎用ボイラ(株)と汎用ボイラ事業における業務提携を締結。滋賀工場ISO14001認証取得。
  • 2005年(平成17年) 中型吸収冷温水機「シグマミディ」を発売。世界で初めて三重効用吸収冷温水機を発売開始。
  • 2009年(平成21年)
  • 2013年(平成25年)
    • 吸収冷温水機「エフィシオ」販売開始
    • 吸収冷温水機「エフィシオ」が日刊工業新聞社 2013年十大新製品賞本賞受賞
  • 2015年(平成27年) 大型貫流ボイラ「イフリートフェルサ」 販売開始
  • 2016年(平成28年) 小型貫流ボイラ「ウィルヒート」 販売開始

外部リンク編集