川野辺静

小児科医

川野辺 静(かわのべ しず[1]1907年明治40年)9月24日[2] - 2003年平成15年)4月25日[2])は、日本政治家小児科医自民党参議院議員(1期)。

経歴編集

静岡県静岡市出身[3][4]1930年東京女子医学専門学校卒。同附属病院の小児科医局長となり[3]、帰郷後は静岡市で小児科医院を開業する[3]。その後は静岡市議会議員や東京女子医科大学教授、同大常務理事、同相談役などを歴任する[3][4]

1971年第9回参議院議員通常選挙において静岡地方区から自民党公認で立候補して当選する[5]三木内閣では厚生政務次官を務めた[3]1977年第11回参議院議員通常選挙で落選[5]、以後立候補しなかった。2003年死去。

著作編集

  • 『ダブリンの水鳥:私のヨーロッパ旅日記』婦人団体発行所、1956年。
  • 『私のみたアメリカのくらし』婦人生活文化研究所、1964年。
  • 『あの頃この頃』婦人生活文化研究所、1965年。
  • 『私のひとりごと』婦人生活文化研究所、1968年。
  • 『ひまわり:川野辺静選集』愛静会、1975年。
  • 『愛:川野辺静自伝』愛静会刊行委員会、1983年。

脚注編集

  1. ^ 国会議員白書「川野辺静 参議院議員」
  2. ^ a b 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、389頁。
  3. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』287頁。
  4. ^ a b 『現代物故者事典 2003〜2005』183頁。
  5. ^ a b 『朝日選挙大観』590頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『朝日選挙大観』朝日新聞社、1997年。
  • 『現代物故者事典 2003〜2005』日外アソシエーツ株式会社、2006年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。