川間駅

日本の千葉県野田市にある東武鉄道の駅

川間駅(かわまえき)は、千葉県野田市尾崎にある、東武鉄道野田線(東武アーバンパークライン)のである。駅番号はTD 13千葉県の最北端に位置する駅である。

川間駅
Tobu-railway-TD13-Kawama-station-north-entrance-20130531-141136(cropped).jpg
北口(2013年5月31日
かわま
Kawama
TD 12 南桜井 (2.3km)
(2.2km) 七光台 TD 14
所在地 千葉県野田市尾崎832
駅番号 TD13
所属事業者 東武鉄道
所属路線 野田線
(東武アーバンパークライン)
キロ程 22.9km(大宮起点)
電報略号 ワマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
17,286人/日
-2017年-
開業年月日 1930年昭和5年)10月1日
テンプレートを表示
川間駅の位置
川間駅の位置
川間駅
川間駅の位置(千葉県最北端の駅)
南口(2013年5月31日)

歴史編集

駅名の由来編集

江戸川利根川の間に位置するところから、1889年明治22年)に旧中里・東金野井・船形・尾崎の4ヵ村を合併したおりに東葛飾郡川間村と命名され、1957年昭和32年)に野田市に編入された。駅ができたのは1930年(昭和5年)で、駅名は旧村名が生かされて命名されたとされる[2]

駅構造編集

島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅の南北を連絡する地下道の中間から階段を上ったところに駅舎があり、駅舎からは船橋方面にホームが伸びる形態である。

開業当初は、改札内に汲み取り式トイレが設置されていたが、1993年頃より水洗式トイレになり、以降は改札外に設置されている。その後は2010年度にエレベーターと多機能トイレを設置し、駅構内のバリアフリー化が図られており、2015年度末には北口駅前広場の整備を計画している。

駅構内の店舗には改札外にミニストップ川間駅前店、日本海庄や川間店、歯科、ベーカリーカフェなどがある[2]

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   東武アーバンパークライン 下り 野田市船橋方面
2 上り 春日部岩槻大宮方面

利用状況編集

2017年度の1日平均乗降人員17,286人である[3]

近年の1日乗降・乗車人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員
年度 1日平均
乗降人員[4]
1日平均
乗車人員[5]
2001年(平成13年) 10,292
2002年(平成14年) 10,074
2003年(平成15年) 19,677 9,845
2004年(平成16年) 19,268 9,649
2005年(平成17年) 19,106 9,570
2006年(平成18年) 19,168 9,592
2007年(平成19年) 19,084 9,599
2008年(平成20年) 18,974 9,547
2009年(平成21年) 18,504 9,289
2010年(平成22年) 18,247 9,166
2011年(平成23年) 18,058 9,028
2012年(平成24年) 18,067 9,021
2013年(平成25年) 17,982 8,985
2014年(平成26年) 17,322 8,679
2015年(平成27年) 17,310 8,685
2016年(平成28年) 17,028 8,605
2017年(平成29年) 17,286

駅周辺編集

駅周辺は東武鉄道の開発によるものも含めて住宅地が広がり、また関宿地区(旧東葛飾郡関宿町)方面への玄関口の一つでもある。北口駅前には千葉県道194号川間停車場線が走り、更に北側に国道16号千葉県道17号結城野田線が走る。

北口編集

南口編集

バス路線編集

 
南口駅前ロータリー(2007年3月29日)

北口には野田市関宿地区・茨城県猿島郡境町方面への路線バスが[6]、南口には野田市コミュニティバスまめバス」が発着する。

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
川間駅(北口) 境車庫 - 関宿中央ターミナル - 川間駅線 東宝珠花・関宿中央ターミナル・境町 境車庫 朝日自動車境営業所
境町 - 県立博物館・関宿中央ターミナル - 川間駅線 東宝珠花・関宿中央ターミナル・県立関宿城博物館 境町
県立博物館 - 関宿中央ターミナル - 川間駅線 東宝珠花・関宿中央ターミナル 千葉県立関宿城博物館
関宿はやま工業団地 - 関宿中央ターミナル - 川間駅線 関宿はやま工業団地
関宿中央ターミナル - 東宝珠花 - 川間駅線 東宝珠花 関宿中央バスターミナル
東宝珠花 - 川間駅線 東宝珠花
川間駅(南口) 2 北ルート(七光台経由) 北コミセン入口・七光台・いちいのホール 関宿中央ターミナル まめバス
3 北ルート(イオンタウン経由) 北コミセン入口・イオンタウン・いちいのホール
4 新北ルート 須賀神社入口・関宿総合公園・下総利根大橋入口 いちいのホール
イオンタウン・清水公園駅東口 野田市役所
5 北ルート清水 総合公園・清水公園駅・欅のホール愛宕駅
イオンタウン野田七光台
6 北ルート堤台 七光台駅・桜の里2丁目・堤台向山・欅のホール・愛宕駅 野田市役所
7 中ルート イオンタウン 堆肥センター入口
欅のホール・愛宕駅・市役所・ゆめあぐり野田

隣の駅編集

東武鉄道
  東武アーバンパークライン
急行・普通
南桜井駅 (TD 12) - 川間駅 (TD 13) - 七光台駅 (TD 14)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 45 東武鉄道野田市駅 - 千葉県立現代産業科学館
  2. ^ a b 川間駅 | 路線図・駅情報 | 東武鉄道” (日本語). railway.tobu.co.jp. 2019年12月24日閲覧。
  3. ^ 駅情報(乗降人員) - 東武鉄道
  4. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  5. ^ 千葉県統計年鑑
  6. ^ 境営業所管内路線図 - 朝日自動車境営業所,2018年10月3日

関連項目編集

外部リンク編集