巡航ミサイル

巡航ミサイル(じゅんこうミサイル、: cruise missile)は、飛行機のようにジェットエンジンで水平飛行するミサイルである。

トマホーク巡航ミサイル

目次

歴史編集

 
ケタリング・バグ(再現品)

「空中魚雷」の構想は1909年イギリス映画「The Airship Destroyer」に見られる。無線で制御された「飛行魚雷」で飛行船がロンドンを攻撃する[1]

第一次世界大戦時には航空機から投下後もすぐには着水せずに、長距離を滑空するように設計された小型の魚雷航空魚雷(aerial torpedo)』が利用されており、これらが巡航ミサイルの始祖であるとされる[2][3]。同時期にはアメリカ合衆国では小型の複葉機ジャイロスコープを搭載し、目標地点まで自律飛行する飛行爆弾ケタリング・バグ』のテストが行われていた。

第二次世界大戦にはナチス・ドイツで開発されたV1飛行爆弾が実戦投入された。 ドイツ敗戦後、この飛行爆弾の研究およびそれに携わっていた人は西側東側どちらにも流れ、それが双方ともにほとんどすべてのミサイル技術に適用されていくようになった。アメリカではV1の破片などを鹵獲、研究し、命中精度を上げる研究を特に熱心に大戦末期に行っていた。この時期のニュース映画などでは「ロボット爆弾」などと呼ばれていたこともあった。

大日本帝国軍が戦争末期に利用した特攻兵器は、操縦士を誘導装置として利用することで航路修正や目標の捕捉を実現しており、巡航ミサイルの一種という見方も存在する。

第二次大戦後は米ソとも巡航ミサイルを開発したが、ソビエトが一連の核弾頭搭載の大型対艦ミサイルをシリーズ化した。それに対して、アメリカでは長距離弾道ミサイル実用化前に、核搭載巡航ミサイルを開発している。ナバホやスナークなどの大陸間巡航ミサイルやMGM-1 マタドールなどが開発された。また、専用潜水艦から発射する核弾頭搭載の戦略巡航ミサイルレギュラスが実用化されている。これらの核搭載巡航ミサイルは、弾道ミサイルより着弾時間や被迎撃性で劣り、長距離弾道ミサイルの実用化に伴い、退役した。

その後、戦略兵器制限交渉(SALT)の制限に囚われない投射手段としてトマホークが開発され、核弾頭、非核弾頭、対地、対艦ミッションなどバリエーションを増やし、冷戦以降は「ならずもの国家への挨拶状」代わりに多用されるようになる。巡航ミサイルは主に通常弾頭で固定施設への精密攻撃に使用されている。アメリカ軍湾岸戦争イラク戦争のほか、アフガニスタンなどの反米勢力・テロリストを攻撃するため巡航ミサイルを多用した。ロシアシリア騒乱にアサド政権を支援して介入した際、空爆と併用して反政権側を巡航ミサイルで攻撃した。

巡航ミサイルとその部品・技術は、弾道ミサイルと同様に国際的なミサイル技術管理レジームの規制対象である[4]。技術的には長射程の対艦ミサイルに近い兵器であるため、数百kmから1,000km以上離れた目標を攻撃できる性能のわりに、中長距離弾道ミサイルの開発・保有や発射実験に比べて、国際社会からの警戒や抗議、反対、圧力が少ない。このため、発展途上国や、中長距離弾道ミサイル・核兵器を保有しない先進国を含む多くの国も、巡航ミサイルを保有・開発している。日本のXASM-3のように長射程化・高速化を追求し、巡航ミサイルに近い規模や設計・運用思想を持った大型の空対艦ミサイルも開発されている。

特徴編集

航空機形状
小型の航空機のような外形をしている。大きな主翼揚力を作り、ジェットエンジンで推進力を得て、ほぼ水平に飛行する。小さな主翼と動翼だけを備えてロケットエンジンの推進力で飛行している通常のミサイルとは、著しい相違をなす。
低速・長距離飛行
ジェットエンジンであるため、ロケットエンジンに比べれば低速度であるが、燃料の燃焼効率が高く長射程となる。多くの長距離ミサイルのような弾道飛行はせず、水平に飛行する。そのため、低高度で飛行することでレーダーに探知されにくいという利点がある。
大規模
一般に弾体が大きく搭載する炸薬量も多いため、威力に優れる。通常弾頭核弾頭のいずれも装着可能である。また、大きな搭載空間を利用した高性能の制御機器を内蔵するため、目標への誘導精度が比較的高い。
多様な発射機
1つの基本となる設計型から多様な派生型が作られ、陸上、水上の艦船、水中の潜水艦、空中の航空機など比較的多様なプラットフォーム上の発射機から発射される傾向がある。
高価格
高性能な航法装置類やジェットエンジン、大きな弾体は単価を押し上げ、高価格である[5]
高価値目標
攻撃対象となる目標は固定されているか動いても低速なもので、高価値なものが選ばれる。
無人性・奇襲性
有人航空機による爆撃と違い、自国兵士が死傷したり、捕虜になったりするリスクを避けられる。また存在を察知されやすい空軍基地や航空母艦からでなくても攻撃できる。

分類編集

発射プラットフォーム編集

発射プラットフォームで区分すると以下の4種に分けることができる。

  • 空中:ALCM(: air launched cruise missile、空中発射巡航ミサイル)
  • 陸上:GLCM(: ground launched cruise missile、陸上発射巡航ミサイル)
  • 水上:SLCM(: surface ship launched cruise missile、水上艦発射巡航ミサイル)
  • 潜水艦:SLCM(: submarine launched cruise missile、潜水艦発射巡航ミサイル)[5]

攻撃目標編集

攻撃目標で区分すると以下の2種に分けることができる。

  • 対艦攻撃:ASCM(: anti-ship cruise missile、対艦巡航ミサイル)
  • 対地攻撃:LACM(: land-attack cruise missile、対地巡航ミサイル)[6]

巡航速度編集

巡航速度で区分すると実用化された物は以下の2種に分けることができる。

  • 亜音速巡航ミサイル(: subsonic-speed cruise missile
  • 超音速巡航ミサイル(: supersonic-speed cruise missile[5]

地表地図情報編集

巡航ミサイルの飛行の初期段階は、目標地点と発進地点の緯度経度情報が与えられ、慣性誘導電波高度計による誘導だけで自律飛行が可能である。

対地攻撃任務でも敵陣深く侵入する場合には、敵レーダーの探知圏内に入ってから低空を飛行してレーダーで捕捉されないようにする必要があり、地上の障害物を避けながら高速度で低空飛行するためには、自然の起伏や送電線、鉄塔などの詳細な地表地図情報を搭載の航法コンピュータ内の地形等高線照合(TERCOM: Terrain Contour Matching)システムのような航法システムに入力しておく必要がある。

過去には、この地表地図情報を得るには軍事衛星などによる偵察が必要だと云われていた。21世紀の現在でも常に敵性国・団体の地表地図情報は巡航ミサイル用に更新されているが、民間衛星による地上衛星画像や地下資源探査用の電波高度計マップが入手できるので必要な地表地図情報の入手は容易になった。こういった地表地形に基づく航法システムは、地表近くを低空飛行するためだけでなく、現在のGPSなどが存在しなかった頃に正しく目標まで誘導するための航法装置としても使用されていたため、GPSが多くの誘導兵器に搭載されるようになって、巡航ミサイルも起伏変化が必要な地表地形に基づく航法システムの弱点の補完としてGPSによる航法システムが搭載されるようになっている。

GPSシステムも備え、ある程度途中で撃墜されるリスクを許容すれば、地表情報を持たずに地上より充分離れた高度を飛行することで、敵国の深部を巡航ミサイルで攻撃は可能となる。敵国が先進国でなければ、巡航ミサイルをレーダーで捕捉し撃墜する能力を全く備えていない国のほうが多く、海岸線近くの都市を攻撃するには地表情報は必要ない。一方で、敵レーダーの防空探知範囲を知ることは今でも難しい。

対艦攻撃任務には地表地図情報は関係がない。

構成編集

飛翔時の弾体は概ね大きな2枚の主翼と1枚の垂直尾翼、小さな2枚の水平尾翼を備えた小型航空機の形状をしている。後部にジェットエンジンを備え、燃料タンクが中央になる。航法・誘導装置は弾頭と共に前部に位置する。

弾体断面形状が他のミサイルのような円形以外にも、丸みを帯びた台形のものも存在する。以下に巡航ミサイルに特徴的な翼とジェットエンジンについて述べる。

編集

発射されるまでは格納容積を小さくするために、主翼と垂直尾翼は弾体内や側面に折りたたまれており、飛翔時に空中でコイルバネのような機構によって展張される。多くの巡航ミサイルでは水平尾翼も同様である。

ジェットエンジン編集

エンジンは同一の原型でも繰り返し使用される航空機用と異なり、油圧や始動機構といった補機類はできるだけ省かれ、コンパクトになるが圧縮比が低く性能の劣る遠心式圧縮機を採用するものもある。始動には火薬を使用したカートリッジスタータとイグナイタが使用される。

現有の巡航ミサイルの多くがフロントファンのターボジェットエンジンであるが後に一部の国では超音速飛行能力を獲得するために液体ラムジェットエンジンの開発と採用が進められている[7][5]

日本の巡航ミサイル保有に関する動き編集

2004年の16大綱、中期防衛力整備計画(平成17年度-平成21年度)の原案に陸上自衛隊は島嶼防衛に使用する長距離支援火力として射程300キロの巡航ミサイルの研究開発をATACMSHIMARSの導入と共に要求し、庁議の段階では盛り込まれていたが、「明らかに専守防衛に反し、周辺国を刺激する」「自国に対地ミサイルを撃ち込む事になる」「ミサイルの推進方式を改良すれば射程を延ばす事は可能である」[8]との連立与党であった公明党の反発によりいずれも土壇場で見送られている。また、同時期に海上自衛隊は先制攻撃のためのトマホークの導入を要求してきたという[9][10][11]

2007年11月7日に行われた第10回日米安全保障戦略会議にて玉澤徳一郎防衛庁長官がボドナー元米国防副次官に対して「中国の膨大な数のミサイルを考えた場合、発射されたこれらすべてを撃ち落とすことは不可能。ミサイル攻撃を受けた場合、まず重要施設をミサイル防衛で防護し、すかさずアメリカ軍機による相手発射施設の破壊を期待するより他ない。今後、わが国の防衛力を高めるには戦術抑止システムの配備を検討しなければならない」と述べ、具体的には「巡航ミサイルだ。米国の協力を得てわが国も保有したい」と述べた。同会議に於いてレイセオン社は日本に対してトマホークの導入を提案している。

2009年に予定されていた新大綱策定と中期防衛力整備計画(2010)において自民党は「提言 新防衛計画の大綱について」において巡航ミサイルの導入を対艦弾道ミサイルの研究開発と共に要求したが、第45回衆議院議員総選挙によって自民党から民主党へ政権交代したことにより、上記の要求は2010年12月17日に決定された民主党政権初の防衛大綱と中期防衛力整備計画(2011)には盛り込まれなかった。

巡航ミサイル一覧編集

  アメリカ合衆国 項目名(制式番号、名称)

  イギリス/  フランス/  イタリア

  韓国

  ソビエト連邦/  ロシア ハイフン以降はDoD番号とNATOコードネームを表す。

  中国

  • SY-1/CSS-N-1 Scrubbrushスクラブブラッシュ
    • HY-1/CSS-N-2 Safflowerサフラワー/CSS-C-2 Silkwormシルクワーム
      • HY-2/CSS-N-3/CSS-C-3 Seersuckerシアサッカー
        • YJ-6/CAS-1 Krakenクラーケン (空中発射ASCM)
          • KD-63/YJ-63(空中発射LACM)
  • YJ-8/CSS-N-4 Sardineサーディン(ASCM)
    • YJ-8K(空中発射ASCM)
    • YJ-82/CSS-N-4 Sardineサーディン(潜水艦発射ASCM)
    • YJ-83/YJ-83A/CSS-N-8 Saccadeサッケード(ASCM)
      • YJ-83K(空中発射ASCM)
        • KD-88(空中発射LACM)
      • YJ-62(ASCM)
  • C-705英語版(ASCM)
    • C-705KD(LACM)
  • HNシリーズ英語版(LACM)
  • DH10(LACM)

  中華民国台湾

  ドイツ/  スウェーデン

  ノルウェー

  パキスタン

  • バブール(Hatf VII):射程距離450km、潜水艦からの発射にも成功している[12]
  • ラード(Hatf VIII)

  フランス

  インド/  ロシア

  インド

その他編集

登場作品編集

レッド・ストーム作戦発動
第三次世界大戦において、大西洋航路を分断するソ連のバックファイアー爆撃機基地に対して米軍がトマホークを大量使用し、戦局を逆転させる。
レッドサン ブラッククロス
ナチス・ドイツの潜水艦が発射した核搭載巡航ミサイル「アーリアンボーテ」により、広島市と長崎市が攻撃される。
東のエデン
「迂闊な月曜日」、「11発目のミサイル」、「60発のミサイル」など、海上自衛隊のあたご型護衛艦に配備されたトマホークが、セレソンの申請によって度々日本に撃ち込まれている。
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
自衛軍による出島攻撃の際に、海上自衛軍のイージス艦護衛艦から多数の巡航ミサイルが出島に向けて発射された。

出典・脚注編集

  1. ^ Remote Piloted Aerial Vehicles : The 'Aerial Target' and 'Aerial Torpedo' in Britain”. Ctie.monash.edu.au. 2012年2月13日閲覧。
  2. ^ Hughes, Thomas Parke. American genesis: a century of invention and technological enthusiasm, 1870–1970, p. 127. University of Chicago Press, 2004. ISBN 0226359271
  3. ^ Stoff, Joshua (2001). Historic Aircraft and Spacecraft in the Cradle of Aviation Museum. Courier Dover Publications. p. 16. ISBN 0486420418. http://books.google.ca/books?id=DANK-SZZh7YC&pg=PA16&lpg=PA16&dq=modern+aerial+torpedo&source=bl&ots=NJ4S4lYbJZ&sig=3mar-lBQUmNu8y8dJfDmFJ8OXGc&hl=en&ei=ORTGStrOJ4LY8Aa7tehC&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=6#v=onepage&q=modern%20aerial%20torpedo&f=false 2010年2月22日閲覧。. 
  4. ^ ミサイル技術管理レジーム(MTCR:Missile Technology Control Regime,大量破壊兵器の運搬手段であるミサイル及び関連汎用品・技術の輸出管理体制)”. 外務省ホームページ. 2017年8月19日閲覧。
  5. ^ a b c d 防衛技術ジャーナル編集部編 『ミサイル技術のすべて』 (財)防衛技術協会 2006年10月1日初版第1刷発行 ISBN 4990029828
  6. ^ Military and Security Developments Involving the People's Republic of China 2014, U.S. Department of Defense Archived 2015年7月9日, at the Wayback Machine.
  7. ^ 液体ラムジェトエンジンそのもののミサイルへの採用はアメリカ空軍ボマーク地対空ミサイルで既に行なわれている
  8. ^ 軍事研究 2005年3月号
  9. ^ 共同通信 2003年 1月24日
  10. ^ Christopher W. Hughes 2005b P.121
  11. ^ リチャード・J・サミュエルズ著 『日本防衛の大戦略 富国強兵からゴルディロックス・コンセンサスまで』 日本経済新聞社
  12. ^ “パキスタン、潜水艦発射巡航ミサイル実験成功”. 日本経済新聞電子版. (2017年1月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM09HAS_Z00C17A1FF8000/ 

関連項目編集