メインメニューを開く

座標: 北緯35度43分49.5秒 東経139度43分6.5秒 / 北緯35.730417度 東経139.718472度 / 35.730417; 139.718472[1]

1945年の巣鴨プリズン

巣鴨プリズン(すがもプリズン、英語: Sugamo Prison)は、第二次世界大戦後に設置された戦争犯罪人戦犯)の収容施設である。東京都豊島区西巣鴨(現・豊島区東池袋)の東京拘置所施設を接収し、使用した。「巣鴨拘置所」などと呼ばれたこともある。

極東国際軍事裁判により死刑判決を受けた東條英機ら7名の死刑が執行(1948年昭和23年)12月23日)された場所としても知られる。

目次

概要編集

前史編集

かつてこの地には巣鴨監獄・巣鴨刑務所(1922年改称)があった。関東大震災(1923年)で被害を受けた巣鴨刑務所は、1935年に東京府北多摩郡府中町(現・東京都府中市)に移転し、府中刑務所となる。その跡地に庁舎が新築され、1937年、未決囚を主に収容する市谷刑務所が移転し、普通刑務所と区別するため「東京拘置所」と改称された[2]。なお、敷地は巣鴨刑務所時代の約3分の1に縮小された[3]

敷地の北西には処刑場があり、第二次世界大戦中の1944年には、ゾルゲ事件の主犯とされるリヒャルト・ゾルゲおよび尾崎秀実の死刑が執行された。彼らのほか、当時の同拘置所には主として共産主義者等のいわゆる思想犯や、反戦運動に関わった宗教家等が拘置されていた。

米軍管轄下のスガモプリズン編集

 
1948年12月の巣鴨プリズン

第二次世界大戦で日本は敗れ連合国軍の占領下に置かれた。東京拘置所は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって接収されて「スガモプリズン」と呼ばれ、戦争犯罪容疑者が多数収容された。処刑場入口の13号鉄扉を通って、BC級戦犯52名が処刑された。

後述するように、スガモプリズンはその後取り壊されて、跡地はサンシャインシティ東池袋中央公園なった。この再開発を手掛けた新都市開発センター(現サンシャインシティ)により、この13号扉は法務省に寄付され、矯正研修所などを経て2018年時点で保管されている[4]

占領軍の主体であるアメリカ合衆国軍情報戦の一環として、監房に、装置を密かに取り付け、戦犯たちの会話を盗聴していた事が後年明かされている[5]

1947年(昭和22年)2月、既決囚の労働が本格化し、A級戦犯・60歳以上の高齢者・病人以外は全て就労を命じられた。プリズン周辺の道路整備や運動場、農園、兵舎・将校用宿舎建設等の重労働を命じられ、午前と午後に1回ずつある5分の休憩と昼食時の休憩時にしか休めない。私物は一切禁止で、全て制服着用で行わなければならない。長い拘禁生活と裁判の疲労で、体力の落ちた戦犯達には重労働であり、「こんなことならいっそ死んでしまえばよかった」との声もあった。

この重労働が2年続き、建設を命じられた施設の完成に至ると、戦犯たちは信頼を勝ち取り、減刑などの恩恵を受けた。新聞・雑誌・本などの閲覧、上野図書館からの書籍借り出しも許可された。ラジオも定期聴取でき、映画も週に1回鑑賞できた。

1948年(昭和23年)12月23日には、極東国際軍事裁判により死刑判決を受けた東條英機ら7名のA級戦犯の死刑も執行された。

1950年(昭和25年)から始まった朝鮮戦争で多数の米兵が出征するため、1950年8月、日本人刑務官が着任。米軍の監理下で警備にあたった[6]。なお、最も収容者数が多かったのは1950年1月時点で、1862人の戦犯が収容されていた[7]

日本移管後編集

1952年4月、日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)の発効により日本に移管され、引き続き戦犯を収容していた[8]。以後、正式には「巣鴨刑務所」となったが、一般に「巣鴨プリズン」と呼ばれた。

1958年5月、最後の戦犯18名が釈放され、巣鴨刑務所は閉鎖。東京拘置所が巣鴨に復元された[9]

『すがも新聞』編集

1948年(昭和23年)6月5日に創刊された獄中紙。巣鴨プリズンの労務担当だったビンセント中尉が新聞の発行を提案し、各階で1人ずつ選ばれ、15人が担当することになった。当時のスガモには、英語を始めとする外国語の堪能な人物が多かったことから、新聞は随時翻訳された。

編集方針は「主義主張は特に無いが、民主主義を根本とし、いずれにも偏せず」とあり、連合国の占領政策批判や死刑囚A級戦犯には抵触しないという条件だった。1952年(昭和27年)3月29日までに全193号が発刊され、その紙面は翻訳班の手で英訳した上で、発行前に検閲を受け、GHQやアメリカ国務省にも送付された。発行日は原則として土曜日だった。また、秋季運動会にて韓国旗などを揚げたことをクローズアップするなどして、朝鮮戦争で心を痛める朝鮮人台湾人戦犯の葛藤を分かち合えた場ともいえる。

巣鴨プリズンが日本へ移管された後には、『すがも』が1952年(昭和27年)11月1日に活版で創刊されたが、10号で休刊となった。

現状編集

1971年(昭和46年)に東京拘置所が移転した後、跡地はサンシャインシティとして再開発された。

処刑場周辺は豊島区立東池袋中央公園となり、有田正憲が発起人となった慰霊碑「平和の碑」が建立されている。

略年表編集

前史編集

巣鴨プリズン編集

  • 1945年11月 - GHQに接収され、「スガモプリズン」と呼ばれる。
  • 1948年12月23日 - 極東国際軍事裁判の死刑囚7名に対する絞首刑執行。
  • 1950年8月:日本人刑務官が着任。
  • 1952年4月:平和条約の発効により日本に移管、引き続き戦犯を収容。(公文書上は「巣鴨刑務所」)
  • 1958年5月:巣鴨刑務所閉鎖、東京拘置所を巣鴨に復元。

その後編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 東池袋中央公園内にある慰霊碑の座標。
  2. ^ 国立公文書館デジタルアーカイブ[1]監獄官制改正(昭和12年5月26日、勅令222号)
  3. ^ 『豊島区史 通史編2』(1983年)P863
  4. ^ 「巣鴨プリズンの象徴が現存 刑場入り口の13号扉、法務省施設で保管」東京新聞』2018年10月11日(2018年10月16日閲覧)。
  5. ^ 中田整一『トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所』、2010年、講談社、372ページ
  6. ^ 織田文二『巣鴨プリズン記録写真集』(1983年)P82-83
  7. ^ 茶園義男『図説戦争裁判スガモプリズン事典』(1994年)
  8. ^ 織田前掲書P82-83
  9. ^ 織田前掲書P82-83、「巣鴨プリズン」の看板を「東京拘置所」に付け替える写真が掲載されている。
  10. ^ 1970年(昭和45年)3月18日、『官報』第13217号付録『官報資料版』9ページ
  11. ^ 1970年(昭和45年)12月24日、法律第129号「法務省設置法の一部を改正する法律」
  12. ^ 1971年(昭和46年)3月19日、政令第28号「法務省設置法の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令」

関連項目編集

参考文献編集

関連文献編集

  • 『巣鴨プリズン未公開フィルム』 織田文二撮影/茶園義男監修・解説 小学館文庫、2000年-看守により密かに撮られた写真集。
  • 上坂冬子 『巣鴨プリズン13号鉄扉 裁かれた戦争犯罪』 新潮社、1981年/新潮文庫、中公文庫、PHP研究所で再刊、各品切。
  • 吉村昭 『プリズンの満月』 新潮社、1995年/新潮文庫、1998年-小説
  • 大杉栄 『獄中記』土曜社、2012年

外部リンク編集