工学倫理とは技術者が社会に対して果たすべき倫理的義務、あるいはそれをまとめた学問体系を指す。

一般原則編集

社会に対する義務編集

以下に抜粋するように工学に関係するほとんどの組織で、技術者が最重要視するべき事項に公共の安全と福祉が規定されている。

  • 米国電気電子学会(IEEE): メンバーは倫理的行動を約束することと公衆または環境に対するリスク要因の開示が規定されている[1]
  • イギリス土木学会: 公益(環境、人類の遺産、将来世代の健康)を最優先する義務が規定されている[2]
  • アメリカ専門技術者協会(NSPE): 技術者は公衆の安全、健康、福祉を最優先するよう規定されている[3]
  • 米国機械学会: 技術者は公衆の安全、健康、福祉を最優先するよう規定されている[4]

内部通報編集

ケーススタディ編集

日本国外の事例
 
シティグループ・センターの設計上の欠陥に対する対応は倫理的行動の例として引用される
日本国内の事例

脚注編集

  1. ^ IEEE (2006). Code of Ethics Canon 1.. Retrieved: 2006-10-19.
  2. ^ ICE (2004). p. 38.
  3. ^ NSPE Code of Ethics for Engineers”. National Society of Professional Engineers (2013年). 2013年11月29日閲覧。
  4. ^ Code of Ethics of Engineers”. ASME (2013年). 2013年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月29日閲覧。

関連項目編集