左丘明(さきゅうめい)は、春秋時代の人。生没年不詳。『論語』に登場する。伝統的に『春秋左氏伝』および『国語』の作者とされているが、『春秋左氏伝』の偽作説とも関連し、その人物には不明の点が多い。

名前編集

「左丘明」という名前がどのように区切られるかは、諸説ある。

  • 「左」が氏で、「丘明」を名とする。もっとも伝統的な説である[1]
  • 「左丘」が氏で、「明」を名とする[2]
  • 「左」は官職(左史)で、「丘」が氏、「明」を名とする[3]

「左邱明」と書いてあることもあるが、これは孔子の名の「丘」を避諱したものである[4]

出身編集

伝統的にの人とされる[5]

魏書』地形志には、兗州東平郡富城県に左丘明の冢があると記す。現在の山東省泰安市肥城市にあたる。

時代編集

論語』公冶長篇で孔子が左丘明をほめているため、孔子と同時代かそれより前の人とわかる。

『春秋左氏伝』の作者については、劉向『別録』に、左丘明が『左伝』を曽申(曽子の子)に伝え、曽申が呉起に伝えたとしている[6]。このことから孔子と同時代かそれより少し後の人とわかる。

失明説編集

史記』太史公自序によると、左丘明は目が見えなかったという[7]

春秋左氏伝編集

『史記』十二諸侯年表に左丘明が『左氏春秋』を作ったことを述べ[5]、『漢書』司馬遷伝も同様である[8]。ただし、『春秋左氏伝』の左氏が左丘明でないとする説も以来存在する[9]。また、司馬遷のいう『左氏春秋』が現在の『春秋左氏伝』と同一の書であったかどうかは、劉逢禄以来の議論がある。

国語編集

『史記』太史公自序[7]や『漢書』司馬遷伝[8]では、左丘明を『国語』の作者でもあるとしている。

脚注編集

  1. ^ 『春秋左伝正義』「春秋序」の「左丘明受経於仲尼」の疏に「以其姓「左」、故号爲『左氏伝』也。」とある
  2. ^ 鄭樵通志』氏族略、以族為氏、左氏。「臣謹按、所著『春秋伝』即倚相之後、世為楚左史官、非左邱明。明居左邱、為左邱氏、非左氏也。」
  3. ^ 兪正燮『癸已類稿』巻七・左邱明子孫姓氏論、1833年。
  4. ^ 欽定大清会典則例』巻六十八・学校、1747年。「(雍正)三年諭。古有諱名之礼、所以昭誠、敬致尊崇也。孔子道高千古、徳冠百王。(中略)自今或改読某音、或別易他字。(中略)又諭。(中略)除五経四子書外、凡遇此字、並加「阝」為「邱」。」
  5. ^ a b 『史記』十二諸侯年表「魯君子左丘明、懼弟子人人異端、各安其意、失其真。故因孔子史記、具論其語、成『左氏春秋』。」
  6. ^ 『春秋左伝正義』「春秋序」の疏に「拠劉向『別録』云「左丘明授曽申、申授呉起、起授其子期、期授楚人鐸椒。鐸椒作『抄撮』八卷、授虞卿。虞卿作『抄撮』九卷、授荀卿。荀卿授張蒼。」」とある
  7. ^ a b 『史記』太史公自序「左丘失明、厥有『国語』。」
  8. ^ a b 『漢書』司馬遷伝賛「及孔子因魯史記而作『春秋』、而左丘明論輯其本事是以為之伝、又纂異同為『国語』。」
  9. ^ 新唐書』儒学列伝下・啖助「助愛公・穀二家、以左氏解義多謬、其書乃出於孔氏門人。且『論語』孔子所引、率前世人老彭・伯夷等、類非同時、而言「左丘明恥之、丘亦恥之」。丘明者、蓋如史佚・遅任者。又『左氏伝』・『国語』属綴不倫、序事乖剌、非一人所為。蓋左氏集諸国史以釈『春秋』、後人謂左氏、便傅著丘明、非也。」