左時枝

日本の女優

左 時枝(ひだり ときえ、1947年3月27日[1] - )は、日本女優。本名及び旧芸名は額村 多美子[注 1]

ひだり ときえ
左 時枝
本名 額村 多美子
生年月日 (1947-03-27) 1947年3月27日(75歳)
出生地 日本の旗 日本富山県富山市
血液型 O型
ジャンル 女優
活動期間 1958年
配偶者 市田喜一
(1973年 ‐ 2013年、死別)
著名な家族 左幸子(実姉)
羽仁進(元・現義兄)
羽仁未央(姪)
額村麻裕(娘)
主な作品
テレビドラマ
刑事・鬼貫八郎』シリーズ
テンプレートを表示

富山県[1][2]富山市出身[3]東京都立松原高等学校東京女子体育短期大学卒業[4]舞プロモーション[5]、高瀬プロダクション[1]、ファザーズコーポレーションを経て、現在はフリーで活動。

血液型はO型。身長159cm、体重50kg。長姉は左幸子(自身は五女)。義兄は羽仁進、姪は羽仁未央。羽仁進の二人目の妻の額村喜美子も姉(四女)。娘は額村麻裕。夫は造形作家の市田喜一[6]

画家としても第46回創展で創展賞を受賞している[7]

人物・来歴編集

母は華道の指導者であった[8]

1958年、11歳の時に映画『荷車の歌』でデビュー(姉・幸子が演じた役の幼少期を演じた)[9][10]

1960年、中学2年生の時に上京[3]

1964年11月14日、高校3年時に出演した『ふたたび五月が…』で芸術祭奨励賞を受賞[3]

東京女子体育短期大学には教員を目指して入学[3]1966年、卒業。

趣味は油絵[2]バッグソーイング園芸[2]古美術[2]生け花[2]。特技は体操[1][1]料理[2]手芸[2]

大林宣彦作品の常連であり、『22歳の別れ』や『野のなななのか』などに出演した[11]

2015年文部科学大臣賞を受賞[12]

おもな出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

NHK編集

日本テレビ編集

TBS編集

フジテレビ編集

テレビ朝日編集

テレビ東京編集

WOWOW編集

ラジオ編集

バラエティ編集

CM編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 仁木 多美子とする資料もある[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'83』VIPタイムズ社、1982年、376頁。 
  2. ^ a b c d e f g 左時枝 - 日本タレント名鑑
  3. ^ a b c d 河北新報 1983年3月14日 20面「登場」コーナー
  4. ^ 左時枝さん”. 東京女子体育大学. 2022年6月24日閲覧。
  5. ^ 日本タレント名鑑'80』VIPタイムズ社、1979年、350頁。 
  6. ^ 左 時枝さんとの出会い”. ユープランニング (2021年6月4日). 2022年6月24日閲覧。
  7. ^ 成田典子 (2013年6月14日). “左時枝さん、市田喜一さんご夫妻のアートなお住まい!”. つなぐ通信. 2022年6月24日閲覧。
  8. ^ 左時枝さんの油絵展”. タウンニュースさがみはら緑区版 (2018年4月12日). 2022年6月24日閲覧。
  9. ^ 多彩な顔をもつ左 時枝さん(2)”. ユープランニング (2021年6月19日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  10. ^ 左時枝”. NHKアーカイブス. 2022年6月24日閲覧。
  11. ^ 大林宣彦さんの遺体葬儀場へ 弔問の左時枝、言葉少な…”. デイリースポーツ (2020年4月13日). 2022年6月24日閲覧。
  12. ^ 多彩な顔をもつ左 時枝さん(2)”. ユープランニング (2021年6月19日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  13. ^ 創作テレビドラマ大賞 川獺(かわうそ)”. NHK ONLINE. 2016年3月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月9日閲覧。

外部リンク編集