左藤 義詮(さとう ぎせん、1899年6月3日 - 1985年1月9日)は、日本の政治家。衆議院議員参議院議員防衛庁長官(第9代)、大阪府知事学校法人大谷学園理事長(第2代)。郵政大臣法務大臣国土庁長官を歴任した左藤恵は息子。

左藤 義詮

来歴・人物編集

三重県出身。1924年京都帝国大学文学部卒業。欧米留学の後、真言宗京都大学臨済宗大学神戸高等商船学校の教授を経て1946年4月、第22回衆議院議員総選挙大阪府第2区日本自由党から出馬し当選し、衆議院議員を一期務める。1958年第2次岸内閣で防衛庁長官として初入閣。9月2日から9月16日にかけて衆議院決算委員会において航空機購入問題で現役閣僚として証人喚問を受ける。

その他、参議院議院運営委員長(第7代)、参議院予算委員会委員、参議院法務委員会委員などの要職を歴任した。

1959年赤間文三の後を受け、大阪府知事選挙に出馬し初当選。3期目の在任中には大阪万博が開催された。1967年に「大阪府を20区にする、現在の大阪の22区を9区にする、衛星都市を11区にして20区にする、そして区長は公選にする。そして20区になりました場合には、名称は大阪都となるかどうかわからないが、そこから選出したところの議員をもって、区選出の議員をもって区政の参議会というものをつくる」とする構想を持っていたことについて新聞で報道された。1971年の大阪府知事選で4期目を目指したが、革新陣営が担ぎ上げた黒田了一にまさかの敗戦を喫し、府知事を退いた。

1985年1月9日死去。享年86。

義父(妻・行子の父、左藤了秀)から引継ぎ、学校法人大谷学園学園第2代理事長も務めた。仏教者としては大阪府仏教会会長、大阪市仏教会会長も歴任した。

家系編集

左藤了秀
[* 1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左藤義詮
[* 2]
 
行子
[* 3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左藤恵
[* 4]
 
定子
[* 5]
 
河野弘
 
左藤孜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左藤一義
[* 6]
 
左藤章
[* 7]
 
浩子
 
 
 
 
 
 

系譜脚注
  1. ^ 左藤了秀:大谷学園創設者。
  2. ^ 左藤義詮:2代大谷学園理事長。2代大阪府知事、9代防衛庁長官。
  3. ^ 左藤行子:3代大谷学園理事長。
  4. ^ 左藤 恵:4代大谷学園理事長。45代郵政大臣、53代法務大臣、25代国土庁長官。
  5. ^ 左藤定子:2016年3月5日死去。85歳。
  6. ^ 左藤一義:5代大谷学園理事長。
  7. ^ 左藤 章:衆議院議員。伊戸薫次男、婿養子。
出典
  • 日外アソシエーツ編『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』、2003年10月、ISBN 978-4-8169-1805-6

栄典編集

主な著書編集

  • 大阪定通教育二十年記念誌
  • 因縁の糸
  • 砂上偶語
  • 心を洗う
  • 万博知事

参考文献編集

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『激動の日本政治史』阿坂書房、1979年。

関連項目編集