メインメニューを開く

左近司 祥子(さこんじ さちこ、1938年4月12日[1] - )は、日本哲学者西洋古典学者、ギリシア哲学研究者。学習院大学名誉教授。主な研究対象はネオプラトニズムピタゴラス東京出身。

目次

人物編集

父は中国哲学研究者の内野熊一郎、母方の祖父は内野台嶺。妹は音楽学者の内野允子(のぶこ、1943- 上野学園大学名誉教授)[2]。 かなりの猫好きで、多くの野良猫を保護し、自宅に猫を40匹以上飼っている。猫に関する著作が多数ある。著書『「本当に生きる」ために』のあとがきによれば、「『できることなら、あらゆる猫を救いたい』『私の目の前で猫殺しなど許さない』」が「たった一つの私の存在価値」だとのこと。

夫との間に三人の娘がおり、著書『哲学するネコ』の中ではそれぞれ「お助けレイディー一号・二号・三号」と呼ばれる。翻訳家で元タレントの左近司彩子は三女。

履歴編集

  • 1961年3月、東京大学文学部哲学科卒業。
  • 1966年3月、東京大学人文科学研究科哲学専攻博士課程を満期退学。
  • 1970年4月、東京大学文学部哲学科助手。
  • 1972年4月より学習院大学文学部哲学科助教授、のち教授。
  • 2009年3月、退職。
  • 2017年11月、瑞宝中綬章を受章。

著書編集

  • 『はじめての哲学』北樹出版 1989 
  • 『「本当に生きる」ために』学習院教養新書 1994
  • 『哲学するネコ―文学部哲学科教授と25匹のネコの物語』小学館文庫 1998
  • 『悪なんて知らないと猫は言う―悪とヒトの優雅な哲学』講談社 2001 
  • 『謎の哲学者 ピュタゴラス』講談社選書メチエ 2003
  • 『自分を知るための哲学―「私」を考え、「私」を変えて、「私」を幸せにするために』ナツメ社 2003 
  • 『ソクラテスになった猫』勉誠出版 2005 
  • 『哲学のことば』岩波ジュニア新書 2007
  • 『なぜねこは幸せに見えるの?─子どものための哲学のおはなし』講談社 2012 

共編著編集

  • 『面白いほどよくわかるギリシャ哲学 ソクラテス、プラトン、アリストテレス…現代に生き続ける古典哲学入門』
  • 『西洋哲学の10冊』 岩波ジュニア新書 2009.1

翻訳編集

編集

  1. ^ 「内野熊一郎博士年譜」『東洋学論集』
  2. ^ 内野熊一郎訃報・毎日新聞社