メインメニューを開く
 
巨勢徳多
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 斉明天皇4年1月13日658年2月20日
別名 徳太、徳陀、徳陀子、徳太古、徳陀古
官位 大繍左大臣
主君 舒明天皇皇極天皇孝徳天皇斉明天皇
氏族 巨勢氏
父母 父:巨勢胡人
兄弟 徳多、大海
黒麻呂、馬飼
テンプレートを表示

巨勢 徳多(こせ の とこた/とくだ/とこだこ)は、飛鳥時代の人物。名は徳太徳陀徳陀子徳太古徳陀古とも記される。巨勢胡人の子とする系図がある。冠位大繍左大臣

経歴編集

舒明天皇の大葬では、大派皇子敏達天皇の子)の名代として(しのびごと)を読み上げる[1]巨勢氏蘇我氏と親密な関係にあり、徳多も蘇我入鹿の側近として皇極天皇2年(643年)の山背大兄王征討時には軍の指揮を執っている[2]。ところが、大化元年(645年)に中大兄皇子によって入鹿が暗殺される(乙巳の変)と、直ちに皇子に降伏して蘇我氏討伐に参加し、復讐を図る蘇我氏遺臣の漢直らを説得して兵を引かせた[3]。その功労によって大化3年(647年)の冠位十三階導入時には旧来の冠位十二階による小徳より小紫に昇進した。この間の大化元年(645年)7月に高麗百済新羅が使節を派遣してきた際に、各使節にを伝達している[4]

大化5年(649年阿倍内麻呂の死去後に空位となっていた左大臣に任じられて大紫に昇進する[5]。中大兄皇子と前任の左右両大臣は晩年において路線対立があり、前任の右大臣蘇我倉山田石川麻呂は謀反の疑いで自殺に追い込まれているが、徳多は右大臣・大伴長徳と共に中大兄皇子や中臣鎌足との協調を図りながら政権を運営した。

白雉2年(651年)に新羅の使者が倭国日本)訪れた際に、新羅がに臣従して制度も唐制に改めたと知って追い返すという事件が起きているが、その際に新羅と唐が結ぶことを危惧した徳多は先に新羅を攻めるように進言したが、採用されなかった[6]。だが、徳多の死後に倭国は白村江の戦いにおいて唐・新羅連合軍に敗れる事になる。

斉明天皇4年(658年)1月13日左大臣在任中に病没した。冠位大繍であったことが子孫の薨伝で知られる[7]。『公卿補任』では没年齢を66歳としているが、大化5年(649年)時には50歳としており、矛盾している[8]

系譜編集

  • 父:巨勢胡人[9]
  • 母:不詳
  • 生母不明の子女
    • 男子:巨勢黒麻呂[10]
    • 男子:巨勢馬飼[11]

脚注編集

  1. ^ 『日本書紀』皇極天皇元年12月13日条
  2. ^ 『日本書紀』皇極天皇二年11月1日条
  3. ^ 『日本書紀』皇極天皇4年6月12日条
  4. ^ 『日本書紀』大化元年7月10日条
  5. ^ 『日本書紀』大化5年4月20日条
  6. ^ 『日本書紀』白雉2年条
  7. ^ 続日本紀神亀元年6月6日条など
  8. ^ 朝日日本歴史人物事典
  9. ^ 『姓氏家系大辞典』『皇胤志』による。但し同書では胡人を男人の子に位置付けているが、世代的に問題がある。間に比良夫(崇峻紀)・大摩呂(舒明前紀)が入るか(宝賀[1986: 511])。
  10. ^ 『姓氏家系大辞典』
  11. ^ 『皇胤志』

参考文献編集

公職
先代:
阿倍内麻呂
左大臣
649 - 658
次代:
蘇我赤兄