メインメニューを開く

巨勢 清野(こせ の きよの)は、平安時代初期の貴族中納言巨勢野足の子とする系図がある。官位正五位上右衛門佐

 
巨勢清野
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 正五位上右衛門佐
主君 嵯峨天皇淳和天皇
氏族 巨勢氏
父母 父:巨勢野足
兄弟 清野、光舟
康則
テンプレートを表示

目次

経歴編集

弘仁3年(812年従五位下右兵衛佐に叙任され、弘仁5年(814年)右衛門佐に転じる。弘仁7年12月(817年1月)に父と想定される中納言・巨勢野足が没して以降、嵯峨朝では清野の叙位任官の記録がない。

天長2年(825年)13年ぶりに昇叙され従五位上になると、天長5年(828年正五位下、天長6年(829年)正五位上と淳和朝では順調に昇進している。

官歴編集

日本後紀』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c 宝賀寿男[1986: 509]

参考文献編集