メインメニューを開く

巨大クモ軍団の襲撃』(きょだいくもぐんだんのしゅうげき、原題:Kingdom of the Spiders)は、1977年に公開されたアメリカ合衆国パニック映画。日本では劇場未公開。

巨大クモ軍団の襲撃
Kingdom of the Spiders
監督 ジョン・カードス
脚本 リチャード・ロビンソン
アラン・ケイルー
原案 ジェフリー・M・スネラー
スティーブン・ロッジ
製作 イゴー・カンター
ジェフリー・M・スネラー
製作総指揮 ヘンリー・ファウンズ
出演者 ウィリアム・シャトナー
ティファニー・ボーリング
ウディ・ストロード
撮影 ジョン・アーサー・モリル
編集 イゴー・カンター
スティーヴン・ザイリアン
配給 ディメンション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年8月24日[1]
日本の旗 劇場未公開
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $500,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$17,000,000[2]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

アリゾナ州ヴェルデヴァレー村で獣医を営むハンセンの元に、地元の農家コルビーから緊急の知らせが入る。飼っていた子牛が突然死んでしまったのだ。病気の原因がつかめなかったハンセンは血液サンプルを大学の研究室に持参し、分析を依頼する。

数日後クモ学の研究者アシュリーが村に訪れる。血液サンプルの中にクモの毒が含まれていたことが分かり、現地調査に来たのだ。大きな牛がクモの毒ぐらいで死ぬものかと、一笑に付すハンセン。しかしその直後、今度はコルビー家の飼い犬までが死んでいるのが発見された。すぐさま血液を検査したところ大量のクモ毒が含まれており、通常の5倍も毒性が高いことが判明する。実はしばらく前からコルビー家の裏庭に小高い丘が出来ており、そこでクモが大量発生していたのだ。怒り狂い丘にガソリンをかけて火をつけるコルビー。しかし既にクモの群れは村全体に広がりつつあった。

アシュレーは、害虫を駆除するための農薬を大量に使ったのが原因で、クモが突然変異し毒性を高め、また天敵のネズミや本来エサとなる虫などがいなくなったために家畜などの大型生物を襲い始めたと推測し、農薬の使用をやめるよう市長に進言する。しかし彼は逆にクモまでも薬で駆除すればいいと一蹴し、取り合わない。

やがて加速度的に増えていくクモに人々が次々と襲われ、村全体がパニックに陥っていく…

クモ編集

邦題から連想される「体長数メートルの怪獣のように巨大な」クモは出てこない。いわゆる「タランチュラ」という名称で呼ばれるオオツチグモが大量に登場する。なお見た目のイメージと違ってオオツチグモの毒性は実際には弱く、過去に死亡例も無い。出演者は平気でクモをつまみ上げたり大量に身体を這わせたりしている。村のパニックシーンでは道路に大量に置かれて撮影されているが、車や逃げ惑う人々に次々と踏みつぶされているシーンもそのまま映っている。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
TV版
ロバート・”ラック”・ハンセン ウィリアム・シャトナー 前田昌明
ダイアン・アシュリー ティファニー・ボーリング 平井道子
ウォルター・コルビー ウディ・ストロード 高塔正康
エマ・ウォッシュバーン リュー・ドレスラー
ジーン・スミス保安官 デヴィッド・マクリーン
リンダ・ハンセン ナターシャ・ライアン 三好由里子
バーチ・コルビー アルトヴァイズ・デイヴィス
ヴァーン・ジョンソン ジョー・ロス 北村弘一
ベティ・ジョンソン アデーレ・マリス=モーレイ
テリー・ハンセン マーシー・ラファティ 沢田敏子

スタッフ編集

  • 監督:ジョン・カードス
  • 製作:イゴー・カンター、ジェフリー・M・スネラー
  • 脚本:リチャード・ロビンソン、アラン・ケイルー
  • 原案:ジェフリー・M・スネラー、スティーブン・ロッジ
  • 撮影:ジョン・アーサー・モリル
  • 編集:イゴー・カンター、スティーヴン・ザイリアン

脚注編集

  1. ^ Release dates for Kingdom of the Spiders”. IMDb. 2012年6月22日閲覧。
  2. ^ a b Box office / business for Kingdom of the Spiders”. IMDb. 2012年6月22日閲覧。

外部リンク編集