巨樹

巨木から転送)

巨樹(きょじゅ)とは、極めて大きい樹木のこと。巨木(きょぼく)、大木(たいぼく)、大樹(たいじゅ)などともいう。どちらかというと高さより太さに主眼が置かれる言葉である。

目次

概説編集

木の測りかたには何通りかあり国際的に統一されているわけではない[1]

ヨーロッパでは胸高130cm(4フィート3インチ)を幹を図る位置としている[1]

日本の環境省の巨樹調査での調査木は地上から約130cmの位置での幹周が300cm以上の木を対象としている[1]。なお、計測基準は決められてはいるが、個々の木によって形は様々であり、数値だけで樹木の大きさを測るのは困難である。例えばカツラの巨樹の多くが主幹を失い、ヒコバエ(根元から出る芽)の束といった様相で、ガジュマルでは発達した気根によって幹のみを計測できない。そういった事情で、環境省の調査結果や現地の解説版、愛好家のサイトとの間で測定値が異なることが多々見受けられる。1988年度(昭和63年度)から、1992年度(平成4年度)にかけて実施された、環境庁所管の緑の国勢調査とも呼ばれる自然環境保全基礎調査の第4回において、「巨樹・巨木林調査」の項目が増え[2]、他の調査項目と共に全国調査が行われ、初めて全国の巨樹の実態が明らかにされた。この初回の調査では約5万6000本が報告され、2000年に行われたフォローアップ調査により追加報告が寄せられ、約6万8000本へとデータ数が増加した[3]。データベースは東京都にある奥多摩町立日原森林館のサイトにおいて一般にも公開されており、地域や樹種等を絞った検索も可能である。なお、調査漏れの巨樹も多数あると推測され、一般に対しても調査漏れの巨樹について調査協力を求めており、個人が調査票やマニュアルなどに基づいて調査結果を報告することも可能である。愛好家らによって新たな巨樹が次々と報告されている。

主な巨樹編集

  • デフォルトでは幹周の降順に配列。写真の列のソートボタンで元の順序に戻る。
写真 名称 樹種 幹周 幹高 国/位置 地図 備考
(m) (m)
001  トゥーレの木 メキシコラクウショウ
Taxodium mucronatum
36.2 35.4   メキシコ
オアハカ州
サンタ・マリア・デ・トゥーレ
地図 ギネスブックに「世界で最も太い木」として認定。ただし、南アフリカメッシーナの近郊にあるバオバブが最も太いという説もある。
002  グラント将軍の木 セコイアデンドロン 32.8 81.5   アメリカ合衆国
カリフォルニア州
キングスキャニオン国立公園
地図
003  シャーマン将軍の木 セコイアデンドロン 31.1 83.8   アメリカ合衆国
カリフォルニア州
セコイア国立公園
地図
004  ワウォナ・ツリー セコイアデンドロン 27 69   アメリカ合衆国
カリフォルニア州
地図 1969年倒壊。
005  カモウ/蒲生の大楠
かもうのおおくす
クスノキ 24.2 30   日本
46鹿児島県姶良市蒲生町上久徳 蒲生八幡神社境内
地図 日本国指定の特別天然記念物
日本1位[4]
006  アスサワケ/阿豆佐和気神社の大クス
あずさわけじんじゃのおおクス
クスノキ 23.9 20   日本
22静岡県熱海市西山町
来宮神社境内
地図 日本国指定の天然記念物
日本2位[4]
来宮神社の大クスとも呼ばれる
007  キタカネカサワ/北金ヶ沢のイチョウ
きたかねがさわのイチョウ
イチョウ 22   日本
02青森県西津軽郡深浦町塩見形
地図 日本国指定の天然記念物。
日本3位[4]
008  ホンシヨウ/本庄の大クス
ほんじょうのおおクス
クスノキ 21   日本
40福岡県築上郡築上町字本庄
大楠神社境内
地図 日本国指定の天然記念物。
日本4位[4]
009  カワコ/川古の大楠
かわごのおおクス
クスノキ 21   日本
41佐賀県武雄市若木町大字川古
地図 日本国指定の天然記念物。
日本5位[4]
010 大安溪神木 タイワンベニヒノキ 20.8 55.0   台湾
台湾1位。
011  コンケンヤマ/権現山の大カツラ
ごんげんやまのおおカツラ
カツラ 20   日本
06山形県最上郡最上町
権現山の山中
目安 日本6位[4]
012  キヌカケ/衣掛の森
きぬかけのもり
クスノキ 20   日本
40福岡県粕屋郡宇美町宇美
宇美八幡宮境内
地図 日本国指定の天然記念物。
日本7位[4]
境内には湯蓋の森と呼ばれる巨木もある
013  タケオ/武雄の大楠
たけおのおおクス
クスノキ 20   日本
41佐賀県武雄市武雄町武雄
武雄神社の裏山
地図 武雄市指定天然記念物。
日本8位[4]
014  フシサキタイ/藤崎台のクスノキ群
ふじさきだいのクスノキぐん
クスノキ 20   日本
43熊本県熊本市宮内 熊本城公園 藤崎台県営野球場
地図 日本国指定の天然記念物。
日本9位[4]
015  ユスハラ/柞原八幡宮のクス
ゆすはらはちまんぐうのクス
クスノキ 18.5   日本
44大分県大分市大字八幡
柞原八幡宮境内
地図 日本国指定の天然記念物。
日本10位[4]
016  テ・マツア・ナヘレ ニュージランドカウリ
Agathis australis
16.4 29.9   ニュージーランド
北島 ワイポウア森林保護区
地図
017 和社神木 クスノキ 16.2 43.6   台湾
台湾9位(1~8位、10~20位までタイワンベニヒノキが占める)。太い幹が高く伸びる。
018  シヨウモン/縄文杉 スギ 16.1   日本
46鹿児島県屋久島町
地図
019  カモ/加茂の大クス クスノキ 15.7   日本
36徳島県東みよし町
地図
020  ユフタ/湯蓋の森 クスノキ 14.1   日本
40福岡県宇美町
021  イトシロ/石徹白の大杉 スギ 14   日本
21岐阜県郡上市
022  スキホコワケ/杉桙別命神社の大クス クスノキ 14   日本
22静岡県河津町
023  タネ・マフタ ニュージランドカウリ
Agathis australis
13.8 51.2   ニュージーランド
北島 ワイポウア森林保護区
024  シアリン/ 香林神木 タイワンベニヒノキ 12.3 45   台湾
嘉義県阿里山郷
025  フマ/府馬の大クス タブノキ 12   日本
12千葉県香取市
026  ノマ/野間の大ケヤキ ケヤキ 11.9   日本
27大阪府能勢町
027  ヤマタカ/山高神代桜 エドヒガン 10.6   日本
19山梨県北杜市
028  ハトンホオル/Buttonball Tree プラタナス 07.5 34.4   アメリカ合衆国
マサチューセッツ州
029 - ハイペリオン セコイア 99.9/115.61   アメリカ合衆国
カリフォルニア州
レッドウッド国立公園
世界で最も高い木。環境を守るために詳しい位置は非公開。
030  ヒタチ/日立の樹 モンキーポッド 25   アメリカ合衆国
ハワイ州
031  ホアフフリスン/Boab Prison Tree オーストラリアバオバブ
Adansonia gregorii
  オーストラリア
西オーストラリア州 ダービー
032  ホウソオフ/Bowthorpe Oak オーク   イギリス
イングランド リンカーンシャー ボーン
033  名称不明 マダガスカルバオバブ
Adansonia madagascariensis
  マダガスカル
マハジャンガ
034  名称不明 アコウ亜属
Urostigma
  アメリカ合衆国
ハワイ州 ラハイナ


伝説上の巨樹編集

シュメール神話編集

世界の中心とされた古代都市エリドゥには巨樹「キスカヌ (Kiskanu)」が立っていた。

各地の世界樹生命樹伝承の祖ともされる。

北欧神話編集

中国神話編集

ヒンドゥー神話編集

菩提樹の巨樹「アシュヴァッタ (Aśvattha)」。

日本書紀編集

日本書紀景行18年7月4日条に、筑紫後国の三池(現福岡県三池)に倒れた巨樹があり、長さは970(2910メートル前後)にもなり、代わりにされていた。当時の人々は、「朝霜の 御木(みけ)のさお橋 まえつきみ い渡らすも 御木のさお橋」と歌った。老人がいうに、この椚(クヌギ)が倒れる前は、朝日の影で杵島山を隠し、夕日の影で阿蘇山を隠すほどだったと語り、天皇はこの倒木を神木とし、この国を「御木(みけ)の国」と呼ぶことにした(国名由来譚)。

播磨国風土記編集

播磨国風土記』(逸文)には、仁徳天皇の治世(5世紀前半)に楠があり、朝日には淡路島を隠し、夕日には大倭(やまと)島根をその大樹による影で隠したと記述されている[5]。その大樹を伐(き)り、舟を造ったが、その速き事、飛ぶが如く。一楫(かじ)に七波を去(ゆ)き越えた。よって、「速鳥(はやとり)」と号(なづ)けられた。ある日、一度だけ目的に間に合わなかった為、和歌で「何が速鳥か」とその名を揶揄されている。なお、この速鳥という船名は『続日本紀天平宝字2年3月条にも、播磨の船として見ることができる。

今昔物語集編集

今昔物語集』巻第三十一には、近江国栗太郡に柞(ハハソ)の巨樹があったとの伝説が記述されている。その幹回りは700(1260メートル前後)にもなり、朝日の影は丹波国をさし、夕陽の影は伊勢国にさした。その木はあまりに大きく、栗太郡はおろか、志賀・甲賀の三郡の百姓は田畑を作ることさえできなかった。そのことを天皇に訴えたところ、願いが聞き入れられ、遣いにより、巨樹は切り倒され、田畑を耕すことができるようになり、豊穣を得ることができた。今(物語集成立の時代)でも、その郡にはその時の子孫がいるという。この伝説は後世でも類型派生しており、室町時代成立の『三国伝記』では、ハハソから栗の木へと変わり、郡名由来譚となっている(最後に切り倒される)。いずれも「大開発(開拓)の時代」に生じた伝説とされる[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 巨樹・巨木林の基本的な計測マニュアル 環境省自然環境局生物多様性センター、2017年2月5日閲覧。
  2. ^ Wikipedia 自然環境保全基礎調査 2010年10月14日版を閲覧
  3. ^ 出典:奥多摩町立日原森林館 巨樹・巨木林巨樹データベース
  4. ^ a b c d e f g h i j 出典:日原森林館 全国巨樹TOP20。おそらく主幹の太さでの順位。名称・樹周もこの資料による。
  5. ^ 『古代説話 風土記篇』 大久間喜一郎編 初版1983年 おうふう p.142より。「朝日~」という表現は大樹を意味している。
  6. ^ 明珍健二 『水系民俗論へのアプローチ (前) - 民俗文化の複合体化と地域史の再構築へ向けて -』

関連書籍編集

  • 蟹江節子・吉田繁 『地球遺産 最後の巨樹』講談社、160頁、ISBN 978-4062113182
  • トマス パケナム 『地球のすばらしい樹木たち-巨樹・奇樹・神木』飯泉恵美子訳、早川書房、2003年、191頁、ISBN 978-4152084545 原著:ISBN 978-0297843009
  • 高橋弘 『巨樹・巨木をたずねて』新日本出版社、2008年、125頁、ISBN 978-4406051750
  • 高橋弘 『神様の木に会いに行く—神秘の巨樹・巨木・ご神木の聖地巡礼』出版社: 東京地図出版、2009年、125頁、ISBN 978-4808585594
  • 渡辺典博 『巨樹・巨木—日本全国674本』山と溪谷社、1999年、451頁、ISBN 978-4635062510

関係項目編集

外部リンク編集