メインメニューを開く

巨泉の使えない英語』(きょせんのつかえないえいご)は、1992年10月18日から1993年12月26日までテレビ朝日系列局で放送されていた語学バラエティ番組である。朝日放送イーストの共同制作。放送時間は毎週日曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

概要編集

日本国内では通用するが、現地では通用しないもの、いわゆる和製英語や、日本の学校教科書で習う英語でも現地では「古風な書き言葉」とされるものなどについての解釈を示したり、あるいは「これだけは知っておきたい、英語の基本的な言い習わし」などを紹介したりしていた番組である。

大橋巨泉をメインキャスターに、サリー・ピープルズをアシスタントに据え、越前屋俵太のロケーション・コーナーやスタジオでのゲストとのトークなどを交えながら前述の内容の解説を行っていた。番組の終盤ではある英単語をコント形式で英会話に使用したアニメ「ママガウロの使える英語」を毎週3本放送していた。また、番組内CMとして大日本除虫菊(金鳥)による「KINCHOの通じない英語」を放送していた。番組タイトルロゴには、アルファベットアポストロフィー感嘆符などを組み合わせて「巨泉の使えない英語」と表記したものを用いていた。オープニングテーマはトム・コクランの「ライフ・イズ・ア・ハイウェイ」。

放送期間中の1993年8月に、ワニブックスから関連書籍『完全保存版 巨泉の使えない英語』(大橋巨泉・朝日放送編、ISBN 4-8470-3095-8)が発売された。

巨泉のセミ・リタイア後に唯一立ち上げたレギュラー番組でもある。

スタッフ編集

  • スーパーバイザー:大橋巨泉
  • 構成:成田はじめ岩立良作、海老克哉
  • ブレーン:リチャード・バーガー
  • ナレーション:キートン山田
  • TD:清田真市
  • SW:須田庫次
  • カメラ:植田賢
  • 音声:藤田信夫
  • 照明:林本修一
  • VE:倉橋克明
  • VTR:伊丹秀明
  • 音響効果:橅木正志
  • 編集:篠崎浩
  • MA:横倉巌
  • 美術プロデューサー:丸山覚
  • 美術デザイン:高松浩則
  • 美術制作:長谷川隆之
  • アニメーター:川上修司
  • キャラクターデザイン・アニメーション:URUMADELVI
  • スタイリスト:佐藤ミサキ、吉田宏(イースト)
  • タイムキーパー:伊藤裕子
  • タイトルCG:ケネックジャパン
  • 技術協力:サラ・インターナショナル、スタジオROX、クロースタジオ、TEAビデオセンター、インテック
  • 制作協力:大橋巨泉事務所
  • ディレクター:菊池計理(イースト)、井澤達也(L.A.イースト)
  • 演出:善本真也(イースト)
  • プロデューサー:松田安啓(ABC)、山本三四郎(電通)、角井英之(イースト)
  • 制作:朝日放送、イースト

エンディングテーマ曲編集

ネット局編集

脚注編集

  1. ^ 1993年3月までは日本テレビ系列とテレビ朝日系列によるクロスネット局。
  2. ^ 山形テレビのネットチェンジによるNNSマストバイ化に伴い放映権移行。なお山形放送では、『ニコニコ訪問』放送途中の1980年4月から山形テレビのネットチェンジによる本番組の枠交換まで、実に13年間にわたってテレビ朝日系列の日曜19時台前半枠の朝日放送制作の番組が放送された(その間、メナード化粧品枠→武田薬品枠→ミキハウス枠と渡り歩いた。)。
  3. ^ ネットチェンジ以前は、読売テレビ制作の『おしえて!ガリレオ』が同時ネットで放送されていた。
  4. ^ 1993年9月までの社名は「静岡県民放送」(通称:静岡けんみんテレビ)で、同年10月に現社名に変更された。
  5. ^ 土曜18時台後半に放送されていた。

関連番組編集


朝日放送制作・テレビ朝日系列 日曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
地球キャッチミー

新・地球キャッチミー

(1990年1月28日 - 1992年9月27日)
巨泉の使えない英語
(1992年10月18日 - 1993年12月26日)
闘え!脳筋カップルズ
(1994年1月9日 - 1994年3月27日)