メインメニューを開く

己斐直之(こい なおゆき)は戦国時代の武将。父は己斐宗端。安芸武田氏家臣。己斐城主。祖は厳島新領衆で、安芸神領衆の一人。豊後守と称した。のちに香川光景らとともに主家を離反し、毛利家に属した。厳島の戦いの際には、草津城代だった新里式部とともに宮尾城に入り、奮戦した。厳島の戦いの後、隠居した。