メインメニューを開く

己酉約条(きゆうやくじょう)とは、慶長14年1609年)、対馬宗氏李氏朝鮮の間で結ばれた条約のこと。慶長条約とも。己酉とは、条約締結年の干支。全12条。これにより、文禄・慶長の役以来断絶していた朝鮮との貿易が再開された。内容は朝鮮に日本から渡航する使者の資格や、歳遣船数を20隻に制限することなどについて定めたもの。明治初期の対馬藩版籍奉還まで効力を持った。

参考文献編集

関連項目編集