巻き舌(まきじた)とは、を使った子音調音の方法の一種。通常歯茎ふるえ音を指し、国際音声記号では [r] と記述される。[1]

中国語では、そり舌音のことを「捲舌音」(チェンシューイン、拼音: juǎnshéyīn)と呼ぶため、まれに混同される。

概要編集

日本語において、ラ行の子音は通常はじき音で発音されるが、変種として歯茎ふるえ音が使われる場合がある。江戸言葉のべらんめえ調や浜言葉でよく現れるため、下品に感じる人もいる。[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 巻き舌(まきじた)とは - 巻き舌の読み方 Weblio辞書”. www.weblio.jp. 2020年1月10日閲覧。
  2. ^ 巻き舌 - 巻き舌の概要 - Weblio辞書”. 2020年1月10日閲覧。

関連項目編集