市之倉口駅

岐阜県多治見市の東濃鉄道笠原線の駅

市之倉口駅(いちのくらぐちえき)は、かつて岐阜県多治見市に存在した東濃鉄道笠原線廃駅)である。

市之倉口駅
いちのくらぐち
ICHINOKURAGUCHI
本多治見 (1.2 km)
(2.8 km) 笠原
所在地 岐阜県多治見市
北緯35度19分14.9秒 東経137度7分53秒 / 北緯35.320806度 東経137.13139度 / 35.320806; 137.13139
所属事業者 東濃鉄道
所属路線 笠原線
キロ程 1.8 km(新多治見起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1928年(昭和3年)7月1日
廃止年月日 1978年(昭和53年)11月1日
備考 廃線に伴う廃止
テンプレートを表示

当駅では貨物(陶磁器、耐火煉瓦など)の取り扱いが多かった。

歴史編集

  • 1928年(昭和3年)7月1日 - 笠原鉄道開業に際し開設。
  • 1944年(昭和19年)3月1日 - 笠原鉄道が駄知鉄道等と合併し、東濃鉄道笠原線となる。
  • 1950年(昭和25年)頃 - 交換設備が設置される。
  • 1971年(昭和46年)6月12日 - 乗客数の減少により、笠原線の旅客営業が休止。以降同線は貨物鉄道営業のみとなる。当駅は東京窯業の規模拡大に伴う耐火煉瓦などの運搬があり、取扱量も多かったという。
  • 1978年(昭和53年)
    • 10月31日 - 東京窯業関連の貨物輸送がトラック輸送に切り替えられたことにより、これをもって笠原線の貨物営業を終了する。
    • 11月1日 - 笠原線廃止により廃駅となる。

駅構造編集

  • 交換施設があった。また、貨物用ホームも存在したという。
  • 隣接する東京窯業多治見工場への専用線があり、廃止まで使用されていたという。

現在の状況編集

  • 1979年(昭和54年)、多治見市は笠原線の線路跡を自転車専用道路歩行者専用道路として整備することを決定し、平和町 - 滝呂町の整備を行い1998年(平成10年)に完成する。駅跡地はこの整備で無くなっているが、東京窯業多治見工場付近にわずかに痕跡があるという。

隣の駅編集

東濃鉄道
笠原線
本多治見駅 - 市之倉口駅 - 笠原駅
1973年3月24日までは当駅と笠原駅の間に下滝呂駅滝呂駅が存在した。

関連項目編集