メインメニューを開く

市原 豊太(市原 豐太、いちはら とよた、1902年6月22日 - 1990年8月14日)は、日本のフランス文学者、随筆家。東京生まれ。

略歴編集

1915年東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1920年に東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。附属中学の同級生には、下村三郎(元最高裁判所判事)、菊池正士(ドイツ文学者)、坪井忠二(東京大学名誉教授)、中島健蔵(フランス文学者)などがいた。

旧制第一高等学校を経て、1926年東京帝国大学文学部仏文科卒。

浦和高等学校教授、第一高等学校教授、東京大学教養学部教授、1963年定年退官、青山学院大学教授、獨協大学教授、獨協大学学長代行。歴史的仮名遣を重視する立場で国語審議会委員も務めた。

教養主義的・旧制高校的な随筆を多く書いたが、晩年は東洋的な価値観に軸を置いた著作が多い。

追悼文集に『市原豐太先生を偲んで』(市原豐太先生追悼文集刊行会編、非売品 芸立出版、1993年)がある。

著書編集

  • 『思考・意欲・愛情』青木書店 1942
  • 『内的風景派』養徳社 1947
  • 『学生論』要書房 1950
  • 『愛と祈り』中央公論社 1950
  • 『人生に関する五十八章』河出書房 1950。編著
  • 『生き甲斐について』東和社 1951
  • 『摸索と彷徨 わが若き日の日記』東和社 1952
  • 『校内校外』白水社 1953
  • 『高嶺の雪 或る愛慾の記』朝日新聞社 1955
  • 『愛と知性のある生き方』池田書店 1956
  • 『内的風景派』文藝春秋<人と思想> 1972
  • 無難正受 日本の禅語録15講談社 1979
  • 『言霊の幸ふ国』神社新報社<神社新報ブックス> 1986。新書判
  • 『西欧羈旅覚書』指月社 1989。限定本(245部)

翻訳編集

関連項目編集