市川 まん(いちかわ まん、1869年2月25日明治2年1月15日〉 - 1977年昭和52年〉5月27日)は、かつて存命者として長寿日本一であった山形県の女性[注 1]

1977年5月25日、中山イサの死去に伴い、存命者の日本最高齢[注 2]となる。1977年5月27日、108歳と91日で死去[1]。日本最高齢となった僅か2日後のことであった。明治生まれ初の国内最高齢者であった。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 市川が死去した当時、日本における正確な記録のある歴代最長寿者は河本にわ(1976年11月16日死去)の113歳(朝日新聞1976年11月16日付夕刊、9頁、「長寿日本一が死去」より)だった。
  2. ^ ただし、市川の存命中は、1865年生まれとされていた泉重千代の記録が認定されており、市川は国内2位の長寿と言われていた。

出典編集

  1. ^ 朝日新聞、1977年5月28日付朝刊、23頁、「女性長寿日本一、二日間だけ」