メインメニューを開く

市川白猿

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

市川 白猿(いちかわ はくえん)は、歌舞伎役者の名跡及び俳名。

その由来は、二代目市川團十郎以降の團十郎が名乗ってきた俳名である栢莚(はくえん)を、五代目市川團十郎が、「猿は人間に毛が三筋足らぬ」という俗語になぞらえ、「祖父や父たちの足元にも及ばない」という意で白猿と名乗ったものとされている[1][2]

また、十一代目市川海老蔵が2020年5月に十三代目市川團十郎 白猿を襲名する予定となっている[1][3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2020年5月、十三代目市川團十郎白猿の襲名披露を発表”. 歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人」. 松竹株式会社 (2019年1月14日). 2019年8月29日閲覧。
  2. ^ 海老蔵、團十郎「白猿」の理由明かす「父や祖父の足元にも及ばぬという気持ち」”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2019年1月14日). 2019年8月29日閲覧。
  3. ^ “海老蔵さん、伝えたいのは「父と麻央」 団十郎襲名へ”. 朝日新聞デジタル (株式会社朝日新聞社). (2019年1月14日). https://www.asahi.com/articles/ASM1G3JHRM1GUCLV005.html 2019年8月29日閲覧。 ※有料記事