市川駅

日本の千葉県市川市にある東日本旅客鉄道の駅

市川駅(いちかわえき)は、千葉県市川市市川一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)総武本線である。運行系統としては快速線を走行する総武快速線緩行線を走行する総武緩行線の2系統が停車する。駅番号は快速線がJO 24、緩行線がJB 27

市川駅
JR Sobu-Main-Line Ichikawa Station South Exit(cropped).jpg
南口(2019年9月)
いちかわ
Ichikawa
所在地 千葉県市川市市川一丁目1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 チカ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
61,575人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1894年明治27年)7月20日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 総武線(快速)[※ 1]
駅番号 JO24
キロ程 15.4 km(東京起点)
JO 23 新小岩 (5.4 km)
(7.8 km) 船橋 JO 25
所属路線 総武線(各駅停車)[※ 1]
駅番号 JB27
キロ程 15.4 km(東京起点)
千葉から23.8 km
JB 26 小岩 (2.6 km)
(2.0 km) 本八幡 JB 28
備考 直営駅
みどりの窓口
  1. ^ a b 正式な路線名は総武本線
テンプレートを表示
北口(2019年9月19日)
南口の2層型ペデストリアンデッキ(2017年6月3日)
南口隣接のI-linkタウンいちかわ(ザ・タワーズイースト)

概要編集

江戸時代から豪商の別荘地として栄え、特に北口(京成本線沿い)の菅野八幡地区は、お屋敷街を形成する高級住宅街となっている。国府台から八幡にかけては、東京医科歯科大学など3つの大学があり、市川学園を始めとする私立高校が7校、私立中学校が5校、私立小学校が3校と大規模な文教都市学園都市となっている[2][3][4][5][6][注釈 1]

駅からの主な動線整備としては駅南口に2010年(平成22年)竣工した各主要施設を結ぶ歩行者デッキ(ペデストリアンデッキ)が整備されており、地上2階と3階に2層のデッキが設置されている珍しい例である。

当駅にはJR東日本都市開発駅ビルであるシャポー市川(shapo)、北口にはダイエー市川店、オリンピック市川店(旧松坂屋)、アクティオーレ市川、サンプラザ35ビル(ヤマザキプラザ市川)、スーパーヤマザキ市川店、南口にはオオゼキ市川店、ヤオコー市川新田店など商業施設も多く、I-linkタウンいちかわを代表する複合施設などが林立している。

I-linkタウンいちかわの展望室は日本の夜景100選[7]日本夜景遺産[8](施設型夜景遺産)にも選ばれており、東京スカイツリー富士山ディズニーリゾートなどが見渡せる[9]

南口は市川駅南口地区市街地再開発事業[10]のような大規模な都市再開発が進んでいる。

歴史編集

駅構造編集

島式ホーム2面4線と快速ホーム(3・4番線)外側に本線(通過線)2線を有する高架駅である。

快速電車の多くは当駅で特急または通勤快速の通過待ちを行う。停車する列車は分岐器を通過するために大きく揺れることがあり、到着前と出発直後に注意を促す放送が流れる。また、通過待ちのため、当駅から錦糸町駅方面の所要時間は快速電車も各駅停車と大差ない場合がある。

改札口は中央口とShapo改札(ICカード専用)の2か所である。高架下には飲食店や衣料品店などが入居する「Shapo市川」があり、Shapo改札で駅改札内と直結している。

みどりの窓口Suica対応自動改札機指定席券売機設置。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   総武線(各駅停車) 西行 錦糸町秋葉原新宿方面
2 東行 本八幡津田沼千葉方面
3   総武線(快速) 上り 錦糸町・東京横浜方面
4 下り 船橋・津田沼・千葉方面

(出典:JR東日本:駅構内図

発車メロディ編集

全ホームでスイッチ制作のメロディを使用している[19][20]

1   森の妖精
2   朝つゆ
3   ムーンストーン
4   楽々鉄道旅行

利用状況編集

2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員61,575人である。JR東日本管内の駅では蕨駅に次いで第76位である。快速停車駅であるが、通過駅で西隣の小岩駅西船橋駅より利用者が少ない。西船橋駅には快速が停車しないため、当駅から乗り換える乗客も多い。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日平均乗車人員の推移は以下の通り。

年度別1日平均乗車人員(1890年代 - 1930年代)編集

年度[備考 1]全体の乗車人員を365(閏日が入る年度は366)で除して1日平均乗車人員を求めている。

年度別1日平均乗車人員[統計 1]
年度[備考 1] 1日平均
乗車人員
出典
1897年(明治30年) 582 [千葉県統計 1]
1898年(明治31年) 357 [千葉県統計 2]
1900年(明治33年) 402 [千葉県統計 3]
1901年(明治34年) 394 [千葉県統計 4]
1905年(明治38年) 420 [千葉県統計 5]
1906年(明治39年) 488 [千葉県統計 6]
1907年(明治40年) 280 [千葉県統計 7]
1908年(明治41年) 486 [千葉県統計 8]
1909年(明治42年) 503 [千葉県統計 9]
1910年(明治43年) 540 [千葉県統計 10]
1911年(明治44年) 585 [千葉県統計 11]
1912年(大正元年) 578 [千葉県統計 12]
1913年(大正02年) 479 [千葉県統計 13]
1914年(大正03年) 480 [千葉県統計 14]
1915年(大正04年) 405 [千葉県統計 15]
1916年(大正05年) 337 [千葉県統計 16]
1917年(大正06年) 329 [千葉県統計 17]
1918年(大正07年) 404 [千葉県統計 18]
1919年(大正08年) 563 [千葉県統計 19]
1920年(大正09年) 724 [千葉県統計 20]
1921年(大正10年) 824 [千葉県統計 21]
1922年(大正11年) 1,008 [千葉県統計 22]
1923年(大正12年) 1,189 [千葉県統計 23]
1924年(大正13年) 2,235 [千葉県統計 24]
1925年(大正14年) 2,361 [千葉県統計 25]
1926年(昭和元年) 2,477 [千葉県統計 26]
1927年(昭和02年) 2,777 [千葉県統計 27]
1928年(昭和03年) 2,970 [千葉県統計 28]
1929年(昭和04年) 3,014 [千葉県統計 29]
1930年(昭和05年) 3,074 [千葉県統計 30]
1931年(昭和06年) 2,979 [千葉県統計 31]
1932年(昭和07年) 3,303 [千葉県統計 32]
1933年(昭和08年) 4,791 [千葉県統計 33]
1934年(昭和09年) 5,170 [千葉県統計 34]
1935年(昭和10年) 5,645 [千葉県統計 35]
1936年(昭和11年) 5,950 [千葉県統計 36]

年度別1日平均乗車人員(1953年 - 2000年)編集

年度別1日平均乗車人員[統計 1]
年度 1日平均
乗車人員
出典
1953年(昭和28年) 22,300 [千葉県統計 37]
1954年(昭和29年) 23,076 [千葉県統計 38]
1955年(昭和30年) 23,825 [千葉県統計 39]
1956年(昭和31年) 25,334 [千葉県統計 40]
1957年(昭和32年) 26,922 [千葉県統計 41]
1958年(昭和33年) 28,388 [千葉県統計 42]
1959年(昭和34年) 30,378 [千葉県統計 43]
1960年(昭和35年) 33,342 [千葉県統計 44]
1961年(昭和36年) 36,506 [千葉県統計 45]
1962年(昭和37年) 40,131 [千葉県統計 46]
1963年(昭和38年) 43,245 [千葉県統計 47]
1964年(昭和39年) 46,681 [千葉県統計 48]
1965年(昭和40年) 48,650 [千葉県統計 49]
1966年(昭和41年) 51,793 [千葉県統計 50]
1967年(昭和42年) 53,474 [千葉県統計 51]
1968年(昭和43年) 54,807 [千葉県統計 52]
1969年(昭和44年) 48,622 [千葉県統計 53]
1970年(昭和45年) 49,793 [千葉県統計 54]
1971年(昭和46年) 49,331 [千葉県統計 55]
1972年(昭和47年) 53,124 [千葉県統計 56]
1973年(昭和48年) 55,427 [千葉県統計 57]
1974年(昭和49年) 56,502 [千葉県統計 58]
1975年(昭和50年) 56,777 [千葉県統計 59]
1976年(昭和51年) 58,438 [千葉県統計 60]
1977年(昭和52年) 57,454 [千葉県統計 61]
1978年(昭和53年) 57,246 [千葉県統計 62]
1979年(昭和54年) 56,443 [千葉県統計 63]
1980年(昭和55年) 56,348 [千葉県統計 64]
1981年(昭和56年) 56,483 [千葉県統計 65]
1982年(昭和57年) 56,088 [千葉県統計 66]
1983年(昭和58年) 55,404 [千葉県統計 67]
1984年(昭和59年) 57,546 [千葉県統計 68]
1985年(昭和60年) 57,600 [千葉県統計 69]
1986年(昭和61年) 58,767 [千葉県統計 70]
1987年(昭和62年) 59,625 [千葉県統計 71]
1988年(昭和63年) 61,685 [千葉県統計 72]
1989年(平成元年) 61,869 [千葉県統計 73]
1990年(平成02年) 62,771 [千葉県統計 74]
1991年(平成03年) 62,849 [千葉県統計 75]
1992年(平成04年) 62,740 [千葉県統計 76]
1993年(平成05年) 61,770 [千葉県統計 77]
1994年(平成06年) 60,872 [千葉県統計 78]
1995年(平成07年) 59,656 [千葉県統計 79]
1996年(平成08年) 60,065 [千葉県統計 80]
1997年(平成09年) 58,619 [千葉県統計 81]
1998年(平成10年) 57,622 [千葉県統計 82]
1999年(平成11年) [JR 1]57,294 [千葉県統計 83]
2000年(平成12年) [JR 2]56,955 [千葉県統計 84]

年度別1日平均乗車人員(2001年以降)編集

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
2001年(平成13年) [JR 3]56,783 [千葉県統計 85]
2002年(平成14年) [JR 4]57,346 [千葉県統計 86]
2003年(平成15年) [JR 5]57,694 [千葉県統計 87]
2004年(平成16年) [JR 6]56,902 [千葉県統計 88]
2005年(平成17年) [JR 7]57,349 [千葉県統計 89]
2006年(平成18年) [JR 8]58,338 [千葉県統計 90]
2007年(平成19年) [JR 9]58,727 [千葉県統計 91]
2008年(平成20年) [JR 10]58,723 [千葉県統計 92]
2009年(平成21年) [JR 11]58,853 [千葉県統計 93]
2010年(平成22年) [JR 12]58,979 [千葉県統計 94]
2011年(平成23年) [JR 13]58,331 [千葉県統計 95]
2012年(平成24年) [JR 14]58,522 [千葉県統計 96]
2013年(平成25年) [JR 15]59,153 [千葉県統計 97]
2014年(平成26年) [JR 16]58,577 [千葉県統計 98]
2015年(平成27年) [JR 17]59,909 [千葉県統計 99]
2016年(平成28年) [JR 18]60,558 [千葉県統計 100]
2017年(平成29年) [JR 19]61,159 [千葉県統計 101]
2018年(平成30年) [JR 20]61,418 [千葉県統計 102]
2019年(令和元年) [JR 21]61,575
備考
  1. ^ a b 1897年・1898年・1900年・1901年・1905年・1906年については1月 - 12月の暦年

駅周辺編集

駅周辺編集

『JTB時刻表』においては当駅が市川市の代表駅となっているが、古くからの行政・商業の中心地は市役所の最寄り駅でもある本八幡駅周辺である。

駅舎内の施設(駅ナカ・駅ビル)編集

駅ナカ商業施設として改札外に「シャポー市川」があり、専用の改札口が併設されている。2012年10月に東京側、2019年6月28日に千葉側、2020年3月26日に中央地下部分がそれぞれリニューアルされた[15][17]

1階は食鮮館、グルメカルチャー、地下1階は味の小路、フーズ&デリカ、ファッションのエリアに分けられ、計約50店舗の専門店を有する[21]

編集

  • 市川真間駅 - 北に約500 m離れている。乗換駅指定は受けておらず、連絡定期券は発売していない。

再開発事業編集

南口周辺が再開発された。この事業は地上45階と地上37階の超高層ビル2棟(I-linkタウン)を含む周辺地域の再開発で、分譲・賃貸合わせて約1,000戸の住宅とともに、商業施設の他、行政施設、図書館、高齢者施設などの都市機能が整備された。当駅とはペデストリアンデッキで結ばれている。

商業施設編集

郵便局・金融機関編集

学校編集

その他編集

バス路線編集

 
京成トランジットバス(南口駅前ロータリー)

最寄りの停留所は、北口および南口駅前ロータリー内に設置されている。

北口編集

京成バス京成タウンバスが運行する路線バスが発着する。

1番のりば(京成バス)
2番のりば(京成バス)
3番のりば(京成バス)
4番のりば
  • 京成バス
    • <市81急行> 北国分駅行
    • <市82急行> 国分操車場行
  • 京成タウンバス
    • <新小52> 新小岩駅東北広場行、渋江公園行、タウンバス車庫行

南口編集

京成トランジットバスが運行する路線バスのほか、京成トランジットバスと東京空港交通が運行する空港リムジンバスが発着する。

1番のりば
  • 京成トランジットバス・東京空港交通
2番のりば(京成トランジットバス)
3番のりば(京成トランジットバス)
  • <市川02> 幸一丁目行 ※深夜バス、平日深夜のみ

その他編集

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
  総武線(快速)
通勤快速
通過
快速
新小岩駅 (JO 23) - 市川駅 (JO 24) - 船橋駅 (JO 25)
  総武線(各駅停車)
小岩駅 (JB 26) - 市川駅 (JB 27) - 本八幡駅 (JB 28)

脚注編集

[脚注の使い方]

記事本文編集

注釈編集

  1. ^ 詳細は「市川市」を参照。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、16-19頁。
  2. ^ 千葉県市川市
  3. ^ 【市川】国府が置かれ行政・文化の中心地として栄えた、市川の歴史を訪ねて歩く 2020年2月4日閲覧。
  4. ^ 【市川】「東の鎌倉」国府台、菅野には自然と文化と歴史が溢れていた 住まいの「本当」と「今」を伝える情報サイト【LIFULL HOME'S PRESS】
  5. ^ 【船橋】戦前の高級住宅地と娯楽の殿堂〜海神、花輪台、三田浜楽園 住まいの「本当」と「今」を伝える情報サイト【LIFULL HOME'S PRESS】
  6. ^ 本八幡、交通至便、歴史ある市川市の中心地
  7. ^ 千葉県市川市の夜景 (アイ・リンクタウン展望室)”. こよなく夜景を愛する人へ. 2019年3月28日閲覧。
  8. ^ 夜景遺産”. www.yakei-isan.jp. 2019年3月28日閲覧。
  9. ^ 市川市|アイ・リンクタウン展望施設”. www.city.ichikawa.lg.jp. 2019年3月26日閲覧。
  10. ^ 市川市|市川駅南口地区市街地再開発事業”. www.city.ichikawa.lg.jp. 2019年3月27日閲覧。
  11. ^ a b c d 『歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 通巻26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線 17頁
  12. ^ “赤字線を大幅整理 新国鉄ダイヤ ローカル線で115線区_国鉄”. 朝日新聞朝刊: p. 14. (1968年8月25日) 
  13. ^ 北越製紙百年史編纂委員会『北越製紙百年史』北越製紙株式会社、2007年。全国書誌番号:21240158
  14. ^ “あす出発進行 総武新線 開業祝い発車式”. 読売新聞夕刊: p. 10. (1972年7月14日) 
  15. ^ a b c “シャポー市川 6/28(金)10:00 RENEWAL OPEN! 「専門店クオリティ」にこだわる全74ショップ” (PDF) (プレスリリース), ジェイアール東日本都市開発/シャポー, (2019年6月7日), オリジナルの2020年4月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200407161848/http://www.jrtk.jp/topics/wp-content/uploads/2019/06/816429b4c52a6ec1144a35db4a3fc56d.pdf 2020年4月8日閲覧。 
  16. ^ “JR千葉支社 4駅にチャイム”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1996年7月15日) 
  17. ^ a b c d “シャポー市川 3月26日(木)10:00 グランドオープン” (PDF) (プレスリリース), ジェイアール東日本都市開発/シャポー, (2020年2月12日), オリジナルの2020年4月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200408062138/http://www.jrtk.jp/topics/wp-content/uploads/2020/02/3510ad3bbbc0d069056ae60e529cc132.pdf 2020年4月8日閲覧。 
  18. ^ 営業施策について提案を受ける! (PDF)”. JR東労組千葉地方本部 (2018年10月2日). 2020年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月28日閲覧。
  19. ^ カテゴリから探す|鉄道モバイル” (日本語). www.te2do.jp. 2020年3月11日閲覧。
  20. ^ カテゴリから探す|鉄道モバイル” (日本語). www.te2do.jp. 2020年3月11日閲覧。
  21. ^ シャポー市川のフロアマップ”. shapo.jrtk.jp. 2019年3月27日閲覧。
広報資料・プレスリリースなど一次資料編集
  1. ^ Suicaご利用可能エリアマップ(2001年11月18日当初) (PDF)” (日本語). 東日本旅客鉄道. 2019年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月24日閲覧。

利用状況編集

  1. ^ a b c 千葉県統計年鑑 - 千葉県
  2. ^ 市川市統計年鑑 - 市川市
JR東日本の1999年度以降の乗車人員
千葉県統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集