メインメニューを開く

市村 辰之助(いちむら たつのすけ、弘化3年(1846年) - 明治5年2月7日1872年3月15日))は、新選組隊士。戸籍上は鋠之助

弘化3年(1846年)、大垣藩士・市村半右衛門の二男として生まれる。弟に市村鉄之助がいる。

安政5年(1858年)、父の藩籍剥奪により浪人生活を送り、慶応3年(1867年)の隊士募集の時に弟・鉄之助を従え入隊。慶応4年(1868年)3月、五兵衛新田(現在の東京都足立区綾瀬)屯集を最後に新選組を脱走。のちに大垣藩へ帰参する。長男の久吉誕生後、家督を譲った。

明治5年(1872年)に病死。享年27。墓所は岐阜県大垣市船町全昌寺にある。

登場する作品編集