メインメニューを開く

市村(いちむら)は、兵庫県三原郡にあった。現在の南あわじ市市各町にあたる。南あわじ市では発足前の旧町名(三原町・西淡町南淡町緑町)は残っていないが、町村制施行時の町村名・旧村名が大字・小字として残っているため、町村制施行前の市村の区域は「南あわじ市 市市(いちいち)」と市が3つ並ぶ珍しい住所表記となっている。

いちむら
市村
廃止日 1955年4月3日
廃止理由 新設合併
榎列村八木村市村神代村三原町
現在の自治体 南あわじ市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
三原郡
総人口 4,210
国勢調査1950年
隣接自治体 榎列村、八木村、神代村、志知村
市村役場
所在地 兵庫県三原郡市村
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

歴史編集

村名の由来編集

中世の頃、国府市と呼ばれる物々交換の市があり、その名残でつけられたとする説が有力である。

沿革編集

交通編集

参考文献編集

関連項目編集