メインメニューを開く

市橋浩治

ENBUゼミナール代表取締役
新宿K's cinemaにて(2018年11月)

市橋 浩治(いちはし こうじ、1964年2月23日 - )は、東京都五反田の俳優・映画監督養成のスクール「ENBUゼミナール」の代表取締役。福井県今立郡今立町(現:越前市今立地区)生まれ[1]

目次

経歴編集

福井県立武生高等学校神戸大学工学部電子工学科卒業。

大学卒業後リクルートへ就職。15年間広告の営業マンとして勤務。

2009年にENBUゼミナールを設立。初プロデュース作品は『アンダーウェア・アフェア』(岨手由貴子監督)。

2011年よりシネマプロジェクトを立ち上げ、若手監督や俳優を発掘。大ヒット作「カメラを止めるな!」はENBUゼミナールが2012年から始めているシネマプロジェクトというワークショップでの映画を製作する企画から誕生した。2018年、「カメラを止めるな!」のヒットを受け、監督の上田慎一郎、配給を協力したアスミック・エース豊島雅郎とともに、新藤兼人賞のプロデューサー賞を受賞[2]。翌2019年は上田慎一郎とともにエランドール賞のプロデューサー奨励賞を受賞[3]

プロデュース作品編集

  • 「モーメント」2013年公開
  • サッドティー」2014年公開
  • 「夏前。おわり」2014年公開
  • 「うるう年の少女」2014年公開
  • 「なけもしないくせに」2016年公開
  • 「退屈な日々にさようならを」2017年公開
  • 「きみはなにも悪くないよ」2017年公開
  • 「川越街道」2018年公開
  • カメラを止めるな!」2018年公開

出典編集

外部リンク編集