市橋 直挙(いちはし なおたか、正徳2年(1712年) - 享和2年4月7日1802年5月8日))は、近江仁正寺藩の第5代藩主。仁正寺藩市橋家6代。

立花種盈筑後三池藩主・立花種明の次男)の長男。母は毛利氏。正室は市橋直方の娘。側室に白鳥氏、高橋氏、内田氏など。子は直舊(次男)、大嶋義智(三男)、長賢(四男)、堀田正備(五男)、娘(市橋長承室)。官位は従五位下。下総守。幼名は万次郎、友太郎。通称は主計。初名は種弘。

享保13年(1728年)9月16日、先代藩主の直方の婿養子となった。直方の長男大助、次男又三郎の早世のためであった。同年9月28日、将軍徳川吉宗にお目見えした。元文元年(1736年)5月25日、養父直方が隠居したため、その跡を継ぐ。同年12月16日、従五位下下総守に叙任した。

宝暦8年(1758年)11月24日、家督を養嗣子の長璉に譲って隠居した。寛政2年(1790年)11月3日、剃髪して体山と号した。

享和2年(1802年)4月7日、91歳という長寿をもって江戸で死去した。墓所は金剛寺殿体山一無大居士。墓所は東京都荒川区西日暮里の南泉寺。

系譜 編集

父母

正室

側室

  • 白鳥氏
  • 高橋氏
  • 内田氏

子女

養子

脚注 編集