メインメニューを開く

市田 ひろみ(いちだ ひろみ、1932年7月10日 - )は、日本服飾評論家エッセイスト女優タレント

目次

履歴編集

大阪府大阪市大正区出身。堀川高校卒業(同窓会長)1953年京都府立大学女子短期大学部国文科卒業後、ヤンマーディーゼルに入社し技術部長の秘書を務める。後にスカウトされ大映ニューフェイス(第十期生)となり、専属契約を結び、映画にも出演[1]。準主役[2]や、ヒロイン[3]を演じたことがある。「和製ソフィア・ローレン」とも評された[誰によって?][4]

1961年京都ホテルで美容室を開業、母親の下で修行を積み美容師に転職[要出典]。その後は服飾評論家の傍ら、自らが主宰する「市田美容室」の社長を務める[要出典]

1968年、京都西陣の織屋から民族衣装など外来の文様を取り入れた着物や帯をデザインしてほしいとの依頼を受け、衣装を収集するためヨーロッパ11か国を旅行したことをきっかけに、世界の民族衣装を収集するようになった[5]

2001年11月には、平成13年度「現代の名工」に選ばれた[6]

政治活動編集

新しい歴史教科書をつくる会理事を務める。日本会議関連団体である美しい日本の憲法をつくる国民の会代表発起人も務める[7]親学の普及につとめ、選択的夫婦別姓男女共同参画などに反対している[7]

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

テレビCM編集

その他テレビ番組編集

著作編集

  • 心に響く結婚スピーチ 新郎新婦・両親・親族―スピーチ・謝辞・あいさつのすべて!(主婦の友社 2010年2月)
  • しきたり以前の冠婚葬祭の常識 (講談社の実用BOOK)(講談社 2008年11月)
  • 市田ひろみのひとりで結べるふだん着物の帯(パッチワーク通信社 2007年9月)
  • 市田ひろみの日本人でよかった年中行事としきたり (東京書籍 2007/08)
  • 世界の民族衣装伝統文様集 市田ひろみコレクション(グラフィック社 2007年4月)
  • おしゃれに。女(潮出版社 2006年12月)
  • 市田ひろみのやさしい着まわし術(辰巳出版 2006年11月)
  • 京都流言いたいことが言える本(講談社 2006年10月)
  • 羽裏 日本の粋と伊達 岡重コレクション(アシェット婦人画報社 2006年6月)
  • 市田ひろみのはじめてさんの着物塾(日本放送出版協会 2005年11月)
  • 市田ひろみのはじめての着つけ (辰巳出版 2005年6月)
  • ひとりでできる!着つけと帯結び 市田ひろみのDVD着つけ個人レッスン ゆかたから小紋まで 講談社DVD BO*OK 実用シリーズ (講談社 2005年6月)
  • 泣いたら負けや 上海、京都、世界へ、十二歳からの自立(扶桑社 2005年5月)
  • 京都101の味みやげ 市田ひろみ選(ネコ・パブリッシング 2005年2月)
  • 綺麗をつくるマナーとことばづかい (池田書店 2005年2月)
  • 決定版!市田ひろみの着付けのすべて 別冊NHKおしゃれ工房(日本放送出版協会 2004年11月)
  • 市田ひろみ京のきもの語り(草思社 2004年11月)
  • 市田ひろみ恥をかかない和食の作法(家の光協会 2004年7月)
  • 世界の衣装をたずねて(淡交社 1999年04)

ほか多数。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集