Japanese destroyer Hokaze circa 1921.jpg
艦歴
計画 1918年度(八六艦隊案
起工 1920年11月30日
進水 1921年7月12日
竣工 1921年12月22日
その後 1944年7月6日戦没
除籍 1944年9月10日
要目
排水量 基準:1,215トン
公試:1,345トン
全長 102.6メートル
全幅 8.92メートル
吃水 2.79メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
パーソンズタービン2基2軸
38,500馬力
速力 39ノット
航続距離 14ノットで3,600カイリ
燃料 重油:395トン
乗員 154名
兵装 45口径12cm単装砲4門
6.5mm単装機銃2挺
53.3cm連装魚雷発射管3基
(魚雷8本)
一号機雷16個

帆風(ほかぜ)は、日本海軍駆逐艦峯風型の12番艦である。艦名は船の帆にはらむ風を意味する。

艦歴編集

舞鶴海軍工廠で建造。一等駆逐艦に類別され、横須賀鎮守府籍に編入。

1922年(大正11年)12月、同型艦「羽風」「秋風」「太刀風」とともに第4駆逐隊を編成し、第1水雷戦隊に編入された。

1933年(昭和8年)3月3日に発生した昭和三陸地震のとき、帆風は第4駆逐隊の上記僚艦と青森県の大湊要港部にあり、ともに出航した。帆風は岩手県の久慈で救援にあたった[1]

太平洋戦争では、南方で哨戒、海上護衛作戦に参加。

1943年(昭和18年)7月1日、船団護衛中にマカッサル海峡で米潜水艦スレッシャー(USS Thresher, SS-200)の雷撃で損傷し、マカッサルで応急修理後10月18日までスラバヤで修理を行った。

1944年(昭和19年)7月6日、米潜水艦パドル(USS Paddle, SS-263)の雷撃によりセレベス海サンギ島西岸沖にて戦没した。

歴代艦長編集

※『艦長たちの軍艦史』232-233頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長編集

艦長編集

脚注編集

  1. ^ 伊藤大介「昭和三陸津波と軍隊」218頁、山本和重・編『北の軍隊と軍港』(地域の中の軍隊1 北海道・東北)、吉川弘文館、2015年。
  2. ^ a b 『官報』第2776号、大正10年11月2日。
  3. ^ 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  4. ^ 『官報』第75号、昭和2年4月2日。
  5. ^ 『官報』第279号、昭和2年12月2日。
  6. ^ 『官報』第587号、昭和3年12月11日。
  7. ^ a b 『官報』第956号、昭和5年3月10日。
  8. ^ 『官報』第1166号、昭和5年11月17日。
  9. ^ a b 『官報』第1523号、昭和7年1月30日。
  10. ^ a b 『官報』第1682号、昭和7年8月8日。
  11. ^ 『官報』第1765号、昭和7年11月16日。
  12. ^ 『官報』第3088号、昭和12年4月21日。
  13. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第219号 昭和13年8月1日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  14. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第397号 昭和14年11月1日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072076600 
  15. ^ 海軍辞令公報(部内限)第402号 昭和14年11月15日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  16. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第427号 昭和15年1月8日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072077600 
  17. ^ 海軍辞令公報(部内限)第543号 昭和15年10月15日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  18. ^ 海軍辞令公報(部内限)第695号 昭和16年8月20日」 アジア歴史資料センター Ref.C13072081800 

参考文献編集